徳川慶喜家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
徳川氏(徳川慶喜家)
家紋
本姓 称・清和源氏
家祖 徳川慶喜
種別 華族公爵
出身地 江戸
主な根拠地 東京府東京市小石川区第六天町
東京都
茨城県
著名な人物 徳川慶光
徳川慶朝
支流、分家 徳川誠男爵家(華族男爵))
凡例 / Category:日本の氏族

徳川慶喜家(とくがわよしのぶけ)は、最後の征夷大将軍である徳川慶喜が、明治維新ののち蟄居していたのを許され、徳川宗家から別家として改めて公爵を授けられたことによって始まる家である。邸宅は東京市小石川区小日向第六天町(現在の東京都文京区春日2丁目)に所在した。

概要[編集]

慶喜は大政奉還を行ったが、鳥羽・伏見の戦いで敗れて蟄居。1868年田安徳川家の亀之助(徳川家達)に家督を譲り、宗家が新政府によって封ぜられた駿府(現在の静岡市)で隠棲生活を送る。

1880年には罪を許され、大政奉還の功によって将軍時代の正二位に復位、続いて従一位に叙された。1897年東京巣鴨1901年に小石川第六天町に転居し、1902年、当家を興して公爵を授けられた。

好色と伝えられる慶喜は子沢山で、四男のが徳川宗家分家として、九男のが慶喜家分家としてそれぞれ男爵家を興し、池田侯爵家(旧鳥取藩主家)と勝伯爵家(勝海舟の家)に養子を出した。また、宣仁親王妃喜久子は二代慶久の娘で当家の出自である。

近年、徳川慶朝(現当主、慶喜の曾孫)と榊原喜佐子(慶喜の孫)が、それぞれ当家に関する書籍を出版している。

その他[編集]

  • 慶喜末裔を名乗る徳川光康2002年にNPO法人「徳川葵栄会」を立ち上げ、講演活動を行うと共に、葵の御紋入り江戸開府400年記念限定懐中時計[1]と称する商品の販売に協力しているが、徳川家の血を引く者ではないと『週刊新潮2003年12月11日号に報じられた。同誌の報道によると、光康は茨城県行方郡潮来町出身の女医とロシア人の間に旧姓名・諸星ニコラスとして生まれたが、徳川豊治(慶喜の曾孫、徳川厚の次女喜和子と戸田豊太郎の次男)と米国で親しくなったことから、1995年10月、豊治の養子となり現在の氏名に改めたという。光康を養子縁組した当時、豊治はアルコール中毒で意識不明の状態だったとも同誌は報じている。光康は徳川氏菩提寺である大樹寺の貫主から450万円を借金したが、返済したのはそのうち50万円のみだったとも同誌に報じられている。同誌で報道されて以後も、借金は返済されておらず、貫主は解任され、ハワイに更迭された。大樹寺側は訴訟も検討したが、断念した。近年、文化財の修理等で多額の費用を必要としており、予算不足に苦しむ同寺では今も対応に苦慮している。
  • 週刊新潮2004年6月24日号で、「慶喜直系の末裔・徳川慶圀」を名乗って結婚詐欺寸借詐欺を働いている男の存在が報じられた。
  • 2009年1月19日には、「六本木のIT会社社長で宮内庁掌典職の徳川慶敬」を名乗って現金約420万円を騙し取った男が警視庁赤坂署に逮捕されている。
  • 1933年(昭和8年)7月7日、名古屋地方裁判所にて文書偽造行使詐欺で11万円を搾取した罪により徳川喜好懲役2年の判決が出された。徳川喜好は慶喜の孫で徳川厚の息子であり、侯爵徳川義親の甥であった[2]

系譜[編集]

凡例:太線は実子、破線は養子、太字は当主

慶喜1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
筆子 池田仲博 経子 慶久2 勝精
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
喜翰 喜堅 喜和子 喜久子 慶光3 喜佐子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
喜壽 豊治 慶朝4 康久
 
 
 
光康

文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 江戸開府400年記念懐中時計販売サイト(アーカイブ) (日本語)
  2. ^ 明治・大正・昭和華族事件録(千田稔著、新潮文庫)