徳姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

徳姫(とくひめ、1559年11月11日永禄2年10月12日) - 1636年2月16日寛永13年1月10日))は、松平信康の正室。織田信長の長女。生母は生駒吉乃といわれているが、『織田家雑録』には信忠の姉となっているなど、生母が生駒吉乃であることに矛盾を示唆する史料もある。名は五徳、尾張御新造さま、岡崎殿とも。法名は見星院香岩桂寿大姉。長女の登久姫小笠原秀政室、次女の熊姫本多忠政室。

生涯[編集]

永禄10年(1567年)に徳川家康の嫡男、信康に嫁ぐ。天正4年(1576年)には登久姫を、天正5年(1577年)には熊姫を産む。しかし、いつまでも嫡子が生まれぬのを心配した姑の築山殿が、信康に元武田家家臣の浅原昌時の娘や日向時昌の娘など、部屋子をしていた女性を側室に迎えさせたため、この頃から築山殿と徳姫が不和になったといわれている。が、築山殿と徳姫は居城が別であり、また側室がいることが当たり前の時代において、そのようなことで嫁姑の仲がこじれたということは考えにくい。

しかし徳姫と信康が不仲であったことを示す史料として、松平家忠の『家忠日記』の中に、家康が信康、徳姫の不仲を仲裁するために岡崎へやって来た、と記されている(ただし、原著のこの部分は信康の喧嘩相手の名詞が破損しており、橋場日月松平康忠と信康が仲違いしたとの説を提唱している)。その頃信長も岡崎に来たことも記されており、信長も娘夫婦の仲を心配してやって来た可能性も推測できる。一時的にせよ夫婦仲がこじれたことがあったことは事実であるといえよう。

天正7年(1579年)に徳姫は父の信長に、築山殿と信康の罪状(武田との密通など)を訴える十二ヶ条の訴状を書き送り、この訴状を読んだ信長は、安土城に滞在していた家康の使者である酒井忠次を通して信康の殺害を命じたとされる。築山殿は8月29日に小藪村で殺害され、信康は9月15日二俣城で切腹した。しかし、この「信長の十二ヶ条」は、後に加筆・修正された可能性があるとも言われており、他にも信康切腹事件に関しては不可解な点が多く、近年では家康と信康の対立が原因とする説も出されている[1][2][3]松平信康#信康自刃事件についての項を参照)。

その後、徳姫は天正8年(1580年)の2月20日に家康に見送られて岡崎城を出立し、美濃国に帰った。2人の娘達は家康の元に残していった。しかし、父の信長の元には向かわず、長兄の信忠の元に身を寄せた。天正10年(1582年)に起きた本能寺の変では、父・長兄ともに失ってしまったため、次兄の信雄に保護されたが、小牧・長久手の戦い後に信雄と秀吉の講和に際して人質として京都に居を構えた。

しかし、天正18年(1590年)には信雄が秀吉によって改易されたため、生駒氏尾張国小折に移り住んだが、これは「埴原家文書」に残された秀吉の朱印状から秀吉による処置だったことが明らかで、その後すぐにまた京都に居住するなど、五徳の処遇は秀吉の支配下にあったことが推測できる。関ヶ原の戦い後は、尾張国の清洲城主となった家康の四男の松平忠吉から1761石の所領を与えられた。その後は京都に隠棲した。寛永7年(1630年)、蜂須賀忠英と正室繁姫(共に小笠原秀政の孫で徳姫の曾孫)の間に嫡子・千松丸(蜂須賀光隆)が誕生した際には、乳母の選定について相談されている。寛永13年(1636年)に死去した。戒名は「見星院香巖寿桂」(『系図纂要』)。

脚注[編集]

  1. ^ 典厩五郎『家康、封印された過去』(PHP研究所 1998年)
  2. ^ 盛本昌広『松平家忠日記』(角川選書 1999年)
  3. ^ 谷口克広『信長と消えた家臣たち』(中公新書 2007年)

関連項目[編集]