復讐の叫び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
復讐の叫び
ジューダス・プリーストスタジオ・アルバム
リリース 1982年7月17日
録音 1982年
ジャンル ヘヴィメタル
時間 38分42秒(オリジナル盤)
51分10秒(リマスター盤)
レーベル CBSイギリスの旗
コロムビア・レコードアメリカ合衆国の旗
プロデュース トム・アロム
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 11位(イギリス[1]
  • 17位(アメリカ[2]
  • 72位(日本[3]
ゴールド等認定
  • ダブル・プラチナ(RIAA
ジューダス・プリースト 年表
黄金のスペクトル
(1981年)
復讐の叫び
(1982年)
背徳の掟
(1984年)
テンプレートを表示

復讐の叫び』(原題:Screaming for Vengeance)は、ジューダス・プリースト1982年に発表したアルバム。スタジオ・アルバムとしては8作目で、本国イギリスのみならずアメリカでも大ヒットを記録した。

解説[編集]

レコーディングは主にイビサ島で行われ、その後マイアミでミックス・ダウンの作業が行われた。ジャケットに描かれた機械鳥ヘリオン(Hellion)は、バンド側のコンセプトに基づきダグ・ジョンソンが描いたもので、アルバムの冒頭を飾るインストゥルメンタルも同じ曲名となった。「ヘリオン」と「エレクトリック・アイ」はメドレーとして収録され、この2曲はライヴでも続けて演奏されている。「エレクトリック・アイ」は、2006年にはゲームソフト『グランド・セフト・オート・バイスシティ・ストーリーズ』でも使用された。

本国イギリスのアルバム・チャートでは11位に達し、シングル「ユーヴ・ゴット・アナザー・シング・カミング」は66位に達した[1]。アメリカでは、ジューダス・プリーストにとって初となるBillboard 200でのトップ20入りを果たし(最高17位)[2]、シングル「ユーヴ・ゴット・アナザー・シング・カミング」もBillboard Hot 100でチャート・インを果たし、最高67位に達した[2]

2008年4月、ゲームソフトロックバンド』で本作収録曲10曲のダウンロード販売が開始された。楽曲単位の購入とアルバム全体の一括購入の両方が可能な形となり、同シリーズでアルバム1枚が丸ごとダウンロード可能となったのは、本作が初である[4]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はロブ・ハルフォードK. K. ダウニンググレン・ティプトンの共作。

  1. ヘリオン - The Hellion - 0:42
  2. エレクトリック・アイ - Electric Eye - 3:38
  3. 嵐の出撃 - Riding on the Wind - 3:09
  4. ブラッドストーン - Bloodstone - 3:50
  5. 運命の鎖 - (Take These) Chains (Bob Halligan, Jr.) - 3:04
  6. ペイン・アンド・プレジャー - Pain and Pleasure - 4:13
  7. 復讐の叫び - Screaming for Vengeance - 4:43
  8. ユーヴ・ゴット・アナザー・シング・カミング - You've Got Another Thing Comin' - 5:09
  9. フィーヴァー - Fever - 5:20
  10. デヴィルズ・チャイルド - Devil's Child - 4:46
    下記2曲は2001年リマスターCDのボーナス・トラック。
  11. プリズナー・オブ・ユア・アイズ - Prisoner of Your Eyes - 7:10
  12. デヴィルズ・チャイルド (ライヴ) - Devil's Child (live) – 5:02

カヴァー[編集]

  • 「ヘリオン/エレクトリック・アイ」は、ハロウィンのシングル「The Time of the Oath」(1996年)のカップリング曲としてカヴァーされた。
  • 「ブラッドストーン」は、ストラトヴァリウスがジューダス・プリーストのトリビュート・アルバム『トリビュート・トゥ・ジューダス・プリースト〜レジェンド・オブ・メタルVOL.2』(1996年)で取り上げ、後にコンピレーション・アルバム『インターミッション』(2001年)にも収録された。
  • 「復讐の叫び」は、アイスド・アースのカヴァー・アルバム『Tribute to the Gods』(2002年)で取り上げられた。セパルトゥラも『ダンテXXI』(2006年)の日本盤ボーナス・トラックとして同曲をカヴァーしている。
  • 「ユーヴ・ゴット・アナザー・シング・カミング」は、サクソンがジューダス・プリーストのトリビュート・アルバム『トリビュート・トゥ・ジューダス・プリースト〜レジェンド・オブ・メタルVOL.1』(1996年)で取り上げた。パット・ブーンもカヴァー・アルバム『In a Metal Mood: No More Mr. Nice Guy』(1997年)で同曲を取り上げている。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ChartArchive -Judas Priest-
  2. ^ a b c Judas Priest - Awards : AllMusic
  3. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.167
  4. ^ Rock Band Adding Judas Priest Entire "Screaming for Vengeance" // News //Rock Band