復古正統主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

復古正統主義(ふっこせいとうしゅぎ、Paleo-orthodoxy)とは、20世紀から21世紀にかけておこったもので、公会議教父の信仰の理解に焦点をあてる神学運動である。教父の理解に正統性があるとみなしており、新正統主義と区別してpaleo-orthodoxyと呼んでいる。

復古正統主義はローマ・カトリック教会正教会シスマ前、ローマ・カトリックとプロテスタントの分離以前の古教会の神学に、キリスト教神学の精髄を見出している。

その中には合同メソジスト教会のThomas C. Oden、イングランド国教会アリスター・マクグラスらがいる。

外部リンク[編集]