御笠川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
御笠川
Mikasa river 2011.jpg
博多区を流れる御笠川
水系 二級水系 御笠川
種別 二級河川
延長 24 km
水源の標高 -- m
平均流量 -- /s
流域面積 94 km²
水源 宝満山太宰府市
河口・合流先 博多湾
流域 福岡県
テンプレートを表示

御笠川(みかさがわ)は、福岡県を流れる河川。二級水系である御笠川水系の本流で二級河川に指定されている。

地理[編集]

福岡県太宰府市宝満山を源とし、鷺田川(筑紫野市)、大佐野川(太宰府市)、牛頸川(大野城市春日市)、諸岡川、上牟田川(福岡市博多区)などの川が合流し福岡市まで流れて博多湾に注いでいる。下流の福岡市博多区周辺では、博多の人々によって石堂川(いしどうがわ)と呼ばれている。

支流[編集]

太宰府市
  • 太宰府原川
  • 水瓶川
  • 山の神川
  • 藍染川
  • 大佐野川
  • 大谷川
筑紫野市
  • 鷺田川
  • 高尾川
大野城市・春日市
福岡市博多区
  • 諸岡川
  • 上牟田川

歴史[編集]

名称の由来[編集]

大野城市山田2丁目にある、日本書紀にも登場する史跡『御笠の森(御笠森)』に由来。

そのほか[編集]

  • 太宰府市の複数のボランティアグループが市内の御笠川の清掃活動を定期的に行い、川岸に花や種を植えている。
  • 四神相応の思想においては大宰府政庁の東側(青龍)に比定される。

参考文献[編集]