御来屋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
御来屋駅
駅舎
駅舎
みくりや - Mikuriya
下市 (5.9km)
(1.1km) 名和
所在地 鳥取県西伯郡大山町西坪468
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陰本線
キロ程 303.6km(京都起点)
電報略号 ミク
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1902年明治35年)11月1日
備考 無人駅(自動券売機 有)
駅舎内に掲出されている小荷物運賃表

御来屋駅(みくりやえき)は、鳥取県西伯郡大山町西坪にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線

大山町御来屋にある駅は当駅ではなく隣の名和駅である。

快速「とっとりライナー」は、上り(鳥取方面)は6本中3本、下り(米子方面)は6本(土曜・休日は5本)中2本が停車する[1]

駅構造[編集]

単式・島式の複合型2面3線のホームを持ち、列車交換及び待避が可能な地上駅。単式の1番のりばに面して駅舎があり、島式の2・3番のりばへは跨線橋で連絡している。

駅舎は、1902年明治35年)の官設鉄道 境(現在の境港駅) - 米子 - 御来屋間の開業時以来のものを今も使用している、山陰最古の駅である。2002年平成14年)に、山陰鉄道発祥100周年を記念して駅舎の整備が行われた。駅舎内には現役時代の小荷物運賃表、SL写真、山陰本線の歴史年表などが掲出されている。駅事務室であった空間は、現在「みくりや市[2]」として地元産の農海産物直売所となっている。

2003年(平成15年)、鳥取県鉄道高速化事業により一線スルー化工事が行われ、通過列車が1番線(単式側)を通過するようになった。現在は1番線が上下本線、2番線が下り副本線、3番線が上下副本線という構成である。旅客扱い上は米子駅管理の無人駅となっているが、駅舎内に自動券売機が設置されている。

2・3番のりば上には車掌車を改造した待合室が設置されている。

御来屋駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 山陰本線 上り 倉吉鳥取方面 通常はこのホーム
下り 米子松江方面
2 山陰本線 下り 米子・松江方面 行違い時
3 山陰本線 上り 倉吉・鳥取方面 待避・通過列車行違い
下り 米子・松江方面 一部の列車

2番線は下り専用となっており、鳥取方面への発車はできない。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1902年明治35年)11月1日 - 官設鉄道の御来屋駅 - 米子駅 - 境駅(現・境港駅)間開業により、その終着として設置。客貨取扱を開始。
  • 1903年(明治36年)8月28日 - 官設鉄道が八橋駅(現在の浦安駅)まで延伸。途中駅となる。
  • 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定。山陰本線の所属となる。
  • 1962年昭和37年)10月1日 - 貨物取扱を廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。

隣の駅[編集]

※快速「とっとりライナー」(下りは一部のみ、上りは半数が停車)の隣の停車駅は列車記事を参照のこと。

西日本旅客鉄道
山陰本線
下市駅 - 御来屋駅 - 名和駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JTBパブリッシング刊『JTB時刻表 2014年10月号』に掲載されている2014年9月20日訂補のダイヤにおいて。
  2. ^ http://furusato.sanin.jp/p/area/daisen/121/

関連項目[編集]

外部リンク[編集]