御幸橋停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
御幸橋駅から転送)
移動: 案内検索
御幸橋電停
左側ホームが紙屋町方面
左側ホームが紙屋町方面
みゆきばし - Miyuki-bashi
U7広電本社前 (0.2km)
(0.5km) U9皆実町六丁目
所在地 広島市中区千田町3丁目
駅番号 U8
所属事業者 広島電鉄
所属路線 宇品線
キロ程 2.3km(紙屋町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1912年(大正元年)11月23日

御幸橋電停(みゆきばしでんてい)は、広島市中区千田町三丁目にある広島電鉄電停

構造[編集]

2面2線の相対式ホーム。3両・5両連接車に対応している。紙屋町方面ホームはホーム全長にわたって屋根が設けられているが、広島港方面ホームは1両単車の乗車口付近にしか屋根が設けられていない。

運行路線[編集]

広島港方面行きホーム
(交差点北側)
1号線3号線 広島港ゆき
3号線 宇品二丁目ゆき
本線方面行きホーム
(交差点南側)
0号線 広電前ゆき
1号線 広島駅ゆき
3号線 広電西広島ゆき

周辺[編集]

付近はおおむね住宅街である。西側には中区の文化施設が集積しており、東側には京橋川が流れる。電停のある御幸橋西詰交差点は広島市道霞庚午線広島県道243号広島港線広島市道御幸橋三篠線が交差する交通量の多い場所である。

歴史[編集]

  • 1912年11月23日 - 開業。終着電停。
  • 1915年4月3日 - 御幸橋(東詰) - 宇品間開業。御幸橋を徒歩連絡とする。
  • 1919年5月25日 - 御幸橋 - 御幸橋(東詰)間の京橋川に電車専用橋が完成。宇品線全線で直通運転となる。
  • 1944年6月10日 - 電停の営業を休止。
  • 1945年8月18日 - 電停の営業が復旧[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『広島電鉄開業80創業50年史』1992年11月、本編78ページ。

参考文献[編集]