御宿駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
御宿駅
駅舎
駅舎
おんじゅく - Onjuku
浪花 (4.9km)
(5.5km) 勝浦
所在地 千葉県夷隅郡御宿町須賀195
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 外房線
キロ程 65.4km(千葉起点)
電報略号 オン←ヲン
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
599人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1913年大正2年)6月20日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
駅前
改装前の駅舎(2007年11月)

御宿駅(おんじゅくえき)は、千葉県夷隅郡御宿町須賀にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)外房線である。

浪花駅から当駅までは単線勝浦駅までは複線となる。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。ホームは嵩上げされていない。駅舎とホームは跨線橋で連絡している。

木造平屋建ての駅舎が建てられていて、現在は改装され塗装が新しくなっている。また、駅名の部分が月の砂漠をあしらったものに変更されている。ホーム中央の千葉寄りには、海女の像が置かれている。

勝浦駅管理のJR千葉鉄道サービスによる業務委託駅であり、みどりの窓口(営業時間 7:05 - 17:50)、自動券売機2台(Suica対応)、簡易Suica改札機が設置されている。駅係員が不在の時間帯があるため、乗車駅証明書発行機も設置されている。2012年9月までは窓口は20時まで営業しており、その後も終電まで係員が集札・精算業務をしていた。現在は17:50以降は無人となり自動券売機も使用できないため、出場時にSuicaのチャージ不足の際には精算する方法がない。

2010年2月10日より外房線PRC型自動放送が導入された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 外房線 下り 勝浦安房鴨川方面
2 外房線 上り 千葉東京方面
  • ホームは11両編成までに対応する。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗車人員は599人である。

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1990年 1,402
1991年 1,407
1992年 1,442
1993年 1,358
1994年 1,366
1995年 1,318
1996年 1,218
1997年 1,124
1998年 1,066
1999年 1,040
2000年 1,027
2001年 1,002
2002年 916
2003年 868
2004年 847
2005年 773
2006年 727
2007年 703
2008年 681
2009年 650
2010年 639
2011年 593
2012年 599

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

のりば 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
御宿駅 勝08 御宿港・部原三又・勝浦若潮高校前 勝浦駅 小湊鐵道 1日2本
勝09 御宿港・部原・勝浦市役所 勝浦駅 小湊鐵道
御宿 市原鶴舞バスターミナル 東京駅八重洲口前浜松町 小湊鐵道
鴨川日東バス
京成バス
  • のりば = 御宿 : 御宿公園前
  • 東京駅八重洲口前・浜松町行は東京湾アクアライン経由で、市原鶴舞BTで羽田空港・横浜行/成田空港行高速バスに乗り換えができる。

隣の駅[編集]

※特急「わかしお」の隣の停車駅は列車記事を参照のこと。

東日本旅客鉄道
外房線
浪花駅 - 御宿駅 - 勝浦駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]