徐栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

徐栄(じょえい)は、

  • 中国後漢の武将。本項で解説する。
  • 中国の官吏。通事舎人となった。(新唐書宰相世系表)
  • 中国英宗 (明)期の官吏。槁城の知県であり、服喪で職を辞したが、彼を慕った民の請願により復職した。(李信圭伝)

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
徐栄
後漢
中郎将
出生 生年不詳
幽州玄菟郡
死去 初平3年(192年
新豊
ピン音 Xú Róng

徐 栄(じょ えい、? - 192年)は、中国後漢時代末期の武将。幽州玄菟郡の人。

正史の事跡[編集]

董卓に仕えて中郎将となった。冀州刺史を追われた公孫度遼東太守に推挙して、後に公孫度が自立するきっかけを作っている。

初平元年(190年)に袁紹らの反董卓諸侯が挙兵すると、徐栄は李蒙と共に董卓の命で豫州へ出撃した。徐栄は滎陽県汴水で曹操鮑信軍と遭遇したため、これを撃破し衛茲鮑韜を討ち取った。ただ、曹操軍が懸命に抗戦したのを見ると、徐栄は容易に滅ぼせないと見て、最終的な決着はつけずに軍を返している。また初平2年(191年)、梁県で反董卓側の孫堅軍と遭遇するとこれを撃ち破り、頴川太守の李旻を生け捕って煮殺した。これらから明らかなように、徐栄は反董卓連合を相手にして最も善戦し、戦果を残した董卓の武将と言える。

初平3年(192年)、董卓が王允に謀殺されると、徐栄はそのまま王允に従った。その後、長安に攻め上ってきた郭汜の軍を胡軫らと新豊で迎撃するが、敗れて戦死した。

三国志演義[編集]

小説『三国志演義』では滎陽太守として登場するが、史実ではそもそも「滎陽太守」という地位自体が存在しない[1]。董卓の長安遷都の際に追撃してきた曹操軍を撃ち破るものの、夏侯惇に槍で突き殺されている。

[編集]

  1. ^ 滎陽は河南尹に属する1県でしかない。郡太守級であれば河南尹、滎陽県の長であれば、滎陽県令または滎陽県長でなければならない。

参考文献[編集]