徐匡迪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

徐 匡迪(じょきょうてき, Xu QuangDi, 1937年12月-)は中華人民共和国政治家金属工学者。浙江省桐郷市生まれ。中国共産党中央政治局第14期候補委員、第15・16期委員、前上海市党委員会副書記、元上海市長。中国工程院院長、党組書記、全国政治協商会議副主席、中国工業経済連合会会長、上海大学教授、スウェーデン王立工科大学(the Royal Institute of Technology)外国籍会員、イギリス王立工学アカデミー(the Royal Academy of Engineering)名誉会員。2012年現在、中国工程院主席団名誉主席。

略歴[編集]

1959年北京鋼鉄工業学院冶金学部卒業。その後、長い間上海工業大学(現・上海大学)に研究者・教授として在籍する。1983年中国共産党入党。その前後の数年間、イギリスに留学し、スウェーデンの企業に招聘された。1989年上海市高等教育局局長に昇進。天安門事件の際、上海の大学生たちの動きにうまく対応したため、政治的才能を当時上海市長であった朱鎔基に認められ重用された。92年に経済担当の副市長に昇進し、95年上海市市長になった。上海史上はじめての教授出身の市長であり「学者市長」と呼ばれた。彼は外国資本を導入し、各地の人材を集めて、上海の経済成長に貢献した。

徐匡迪は朱鎔基に抜擢されたが、いわゆる上海閥には属していない。2001年に市長職を辞職し(上海市党委総書記・黄菊との不仲が原因と噂された)、中国工程院院長に就任した。

2006年9月、スウェーデン国王より北極星勲章コマンデール章を授与されている。

2010年6月11日に工程院長を周済副院長に譲り、院長職を退任。


中華人民共和国の旗中華人民共和国
先代:
黄菊
上海市長
1995年 - 2001年  
次代:
 陳良宇 

外部サイト[編集]