徐冰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
堂島リバービエンナーレ(2009年、大阪)での展示風景

徐 冰(シュー・ビン、XU Bing、1955年2月8日 - )は中国の芸術家である。重慶生まれ。

中央美術学院(北京)にて版画を専攻、1987年芸術学修士号取得。

独創によって全く意味を成さない偽漢字を数千文字作成し、これを用いたや印刷物、インスタレーションなどの作品(「天書」)を発表し、大きな反響を呼んで中国の現代美術の旗手となった。その後、ローマ字を組み合わせて一つの英単語から一つの漢字風の文字を作る「新英文書法」のシリーズへと移行している。1999年マッカーサー賞受賞。2003年第14回福岡アジア文化賞芸術・文化賞受賞。2008年より、中央美術学院副院長。

外部リンク[編集]