後脛骨筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
後脛骨筋
分類
所在分類: 骨格筋
支配神経: 脛骨神経
部位
体肢筋
下肢の筋
下腿筋
屈筋群
ラテン名
Musculus tibialis posterior
英名
Tibialis posterior muscle

後脛骨筋(こうけいこつきん、Tibialis posterior muscle)は人間下肢筋肉足関節の底屈、内反を行う。

骨間膜および脛骨と腓骨の隣接する面から起こり、腱は内果の後ろで内果溝を滑液鞘に包まれて下行し、その後、載距突起と舟状骨粗面の間を通って足底に達し、腱は2索に分かれ、内側の太い索は舟状骨粗面に付着して、外側のやや細い索は3個の楔状骨(距骨を除く他の足根骨にも)で停止する。