後天性真皮メラノサイトーシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

後天性真皮メラノサイトーシス: Acquired dermal melanocytosis)は、に発生する後天性皮膚疾患の一つ。ADMと略されることもある。

両側性遅発性太田母斑様色素斑とも呼ぶ。従来は、両側性太田母斑の亜型[1]とされていたが、現在は、独立疾患として扱うのが標準的になってきている[2]

原因・症状・治療[編集]

原因

遺伝性も高いとされるが、加齢、日焼け、ホルモンバランスの崩れなどの影響が考えられている[3]

症状

の両端、頬骨部、鼻翼部などに、直径1-3 mm[2]のおよそ灰褐色の色素斑が、幾つかまとまって出現する(真皮層にメラニンがある状況)。

小さな点の集合であるためにシミのように見えるが、実際はの一種として分類される。

メラニンの深さの程度により、茶褐色→灰色→青と進行変化するため、患部の色はさまざまである[4]

主な患者層は、思春期から中年の女性で、特に日本人や中国人に多いといわれる[2]

治療・診断

レーザー治療が効果的とされる。患部に肝斑などが混在していると判別が難しいが、左右対称に発生することが多いのが特徴となっている[1]

脚注[編集]

関連文献[編集]

  • Rapini, Ronald P.; Bolognia, Jean L.; Jorizzo, Joseph L. (2007). Dermatology: 2-Volume Set. St. Louis: Mosby. ISBN 1-4160-2999-0. 
  • Aesthtetic Dermatology Vol.19. No 4 December 2009 村上喜美子・溝口昌子『対称性真皮メラノーシスの臨床と発症病態』