後二子古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
後二子古墳
Ushirofutago-kofun 1.jpg
位置 北緯36度23分19.9秒
東経139度11分39.2秒
座標: 北緯36度23分19.9秒 東経139度11分39.2秒
所在地 群馬県前橋市西大室町2545
形状 前方後円墳
規模 全長85m[1]、後円部径48m、高さ11m、前方部幅60m
築造年代 6世紀後半
埋葬施設 両袖型横穴式石室
出土品 円筒埴輪、須恵器、土師器、金銅製耳環、馬具、大刀
史跡指定 国の史跡
テンプレートを表示

後二子古墳(うしろふたごこふん)は、群馬県前橋市西大室町にある古墳大室古墳群の一つ。1927年4月8日、隣接する小二子古墳と共に国の史跡に指定(指定名称は「後二子古墳ならびに小古墳」)[2]

概要[編集]

主軸を北東110°に向けた前方後円墳で墳丘は全長85メートルの2段構築となっている。墳丘の一部は地山を削り出して造成され、半地下式の石室を持つ。葺石は施されていない。墳丘の周囲は盾型のが巡らされ、堀を入れた長さは106メートルに達する[3]

後二子古墳は1段目を大きく造り、その上に小さな2段目が載る構造をしている。このような構造は吾妻古墳など主に6世紀の栃木県の古墳に見られ、「下野型古墳」等と呼ばれている。6世紀中頃の毛野地域では「下野型古墳」の築造が流行したようで、同じ古墳群内の小二子古墳と内堀1号墳も「下野型古墳」の特徴を備えている[3]

明治11年3月の石室発見・開口の後、宮内庁に後二子古墳を御諸別王陵墓として認定する申請が出されたが、豊城入彦命の陵墓として申請していた前二子古墳同様認定はされなかった[3]

埋葬施設[編集]

埋葬施設は半地下式の両袖型横穴式石室で、南に開口する。現状で全長は9メートルあるが、元は9.5メートルほどあったらしい。玄室は奥壁で高さ2.2メートル、幅2.7メートルである。墓道の先端には葬送儀礼に使われたと思われる柱穴がある[3]

石室入り口の前面、墓道とその両側のテラス面からは土師器(坏18、1、大1)、須恵器(高坏2、𤭯1)、小刀1、2が出土した。また煮炊きの後と思われる焼土が3カ所で確認され、石室の前で煮炊きを行う儀礼が行われていたと考えられる[3]

出土品[編集]

石室から出土した副葬品は、前二子古墳に比べ豊富ではなく、大刀、馬具、耳環、いくつかの土器が発見されたに過ぎない。墳頂と墳丘テラスから円筒埴輪が発掘され、400本ほどが樹立されていたとみられている[3]

後二子古墳の特徴的な出土品の一つに、の小像の付いた円筒埴輪があげられる。この円筒埴輪には猿の親子とそれを追う犬の土製品が付いているが、こうした小像付き円筒埴輪は本例を含め全国でも3例のみ、しかもその全てが群馬県で確認されている[3]

被葬者[編集]

石室からは被葬者のが3本発見され、鑑定の結果熟年女性のものであることが判明した。また明治に発掘された耳環は11点を数えるため、被葬者は少なくとも6人いたとみられている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 前橋市教育委員会編「前橋市 大室古墳群 -前二子古墳・中二子古墳・後二子古墳・小二子古墳-」、2013年
  2. ^ 国指定文化財等データベース 文化庁
  3. ^ a b c d e f g h 前原豊 「巧みな石室づくりの後二子古墳」『東国大豪族の威勢・大室古墳群〔群馬〕』 (シリーズ「遺跡を学ぶ」063)、新泉社、2009年

関連項目[編集]