彼がお好みの娯楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
彼がお好みの娯楽
His Favourite Pastime
監督 ジョージ・ニコルズ
脚本 クレイグ・ハッチンソン
製作 マック・セネット
出演者 チャールズ・チャップリン
ロスコー・アーバックル
ペギー・ピアース
撮影 フランク・D・ウィリアムズ
配給 キーストン・フィルム・カンパニー
公開 1914年3月16日
上映時間 16分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示
His Favorite Pastime

彼がお好みの娯楽[1](His Favourite Pastime) は、1914年公開の短編サイレント映画キーストン社英語版による製作で、監督はジョージ・ニコルズ英語版。1971年に映画研究家ウノ・アスプランドが制定したチャールズ・チャップリンのフィルモグラフィーの整理システムに基づけば、チャップリンの映画出演7作目にあたる[2][注釈 1]

日本語題名は、ほかに『彼の好みの気晴らし』がある[2]

あらすじ[編集]

バーで酔いつぶれるチャーリー。バーの外には人妻(ペギー・ピアース英語版)がおり、チャーリーは人妻の夫が去ったあとに人妻と浮気しようと目論んでいる。チャーリーはバーで他の酔漢(アーバックル)と乱闘をしたあと人妻のあとをつけて家にあがったが、メイドに手を出したり人妻の夫が現れて乱闘騒ぎとなった[3]

背景[編集]

チャップリンがニコルズのもとで撮影した2作目の作品にあたり、しばしば演じた酔っぱらいの役を見せてくれる[3]。また、『チャップリンの霊泉』(1917年)などで見られる回転ドアのギャグが使用されるなど[3]、ギャグの採用の可否をめぐっては相性が良くなかったニコルズ[4]との作品としては、チャップリン自身の構想によるギャグシーンが比較的使われている。

人妻役を演じたペギー・ピアース(ヴィオラ・バリー)はD・W・グリフィスの助手を経て映画監督となったジャック・コンウェイの最初の妻であるが、チャップリンとの公私の折り合いもよく、プライベートでダンスのコンテストにペアで出場し、優勝したことがある[3][注釈 2]

キャスト[編集]

  • チャールズ・チャップリン:酒飲み
  • ロスコー・アーバックル:酒飲み
  • ペギー・ピアース:人妻
  • フランク・オッパーマン:人妻の夫

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1914年製作、2010年発見の『泥棒を捕まえる人』を除く
  2. ^ チャップリンの伝記を著した映画史家のデイヴィッド・ロビンソン英語版はペギー・ピアースを「(チャップリンの)ハリウッドにおける最初の恋人」とし、「チャップリンは結婚するのはまだ早いと考え」ていたとするが(#ロビンソン (上) p.159)、この見立てではジャック・コンウェイとの結婚生活(1911~1918年)は無視されている形となる。

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]