当麻駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
当麻駅
当麻駅舎(2004年7月)
当麻駅舎(2004年7月)
とうま - Tōma
A34 桜岡 (3.7km)
(3.5km) 将軍山 A36
所在地 北海道上川郡当麻町4条東3丁目
駅番号 A35
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 石北本線
キロ程 13.9km(新旭川起点)
電報略号 トウ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1922年大正11年)11月4日
備考 無人駅
1977年の当麻駅と周囲約750m範囲。上が上川方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

当麻駅(とうまえき)は、北海道上川郡当麻町4条東3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線駅番号A35電報略号トウ

2006年3月18日から、それまで停車していた特急「オホーツク9・10号」が季節運行化される代替で、特別快速「きたみ」が停車するようになった。かつては国鉄バス当麻線の起点だったが、1984年3月末で廃止され、現在は当麻町営バスが運行している。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

アイヌ語の「ト、オマ、ナイ」(沼のある谷川)が転訛したものである。

駅構造[編集]

  • 2面2線の相対式ホームをもつ地上駅。ホーム間の移動は跨線橋を使う。
  • 旧駅務室に「アグリステーション当麻」が入居している。
  • コンクリート造りのやや大きめの駅舎だが無人駅自動券売機設置なし。
  • 駅舎内に便所は設置されていないが、駅舎外に男女別の水洗式便所がある。
  • 旭川方面からの列車が、当駅で旭川方面へ折り返す列車が午後時間帯にある。

駅周辺[編集]

当麻町の中心駅。商店街や住宅等があり市街地を形成している。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
石北本線
特別快速「きたみ
旭川駅 (A28) - 当麻駅 (A35) - 上川駅 (A43)
普通
桜岡駅 (A34) - 当麻駅 (A35) - 将軍山駅 (A36)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]