当座比率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

当座比率(とうざひりつ)とは、安全性分析の指標の一つで、企業の短期の負債に対する支払い能力を判断する指標である。

概要[編集]

計算式は、当座比率(%) = 当座資産 ÷ 流動負債 × 100 である。

ここで示される当座資産とは現金預金受取手形売掛金、一時所有の有価証券などで、流動資産から即座には資金化しにくい棚卸資産を除いたものである。100%以上であることが望ましいとされる。

関連項目[編集]