強制収容所 (北朝鮮)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

強制収容所(きょうせいしゅうようじょ)とは、朝鮮民主主義人民共和国 (北朝鮮)において、独裁体制を乱す犯罪行為をした者を収容する施設のこと。単なる犯罪者も収容されることが多々あるが、基本的には脱北者や体制批判者等の政治犯を収容している施設について強制収容所ということが多い。

日本でいう刑務所韓国でいう教導所にあたるが、これらの国での犯罪者への処遇とは違い、非常に過酷な労働(一日10時間以上という例もある)を課せられたうえ、監視員による正当な理由のない私的制裁(女性受刑者への性的暴行を含む)を受ける。

単なる犯罪者とは違い、政治犯に対する処遇には、釈放される機会が与えられている「革命化区域」と、一度入ると二度と外へは出られない「完全統制区域」の二種類があり、政治犯は監視員の裁量でしばしば銃殺される。

分類[編集]

収容所は数種類に分類されている。それぞれ

  1. 未決犯を収容する集結所
  2. 比較的罪の軽い者を収容する労働教養所
    6ヶ月以内に釈放される。しかし、日常品が一般庶民ですら満足に手に入らない状況なので、ここでの生活も決して甘いものではない。
  3. 罪の比較的重い者(殺人婦女暴行など)は教化所교화소
    ここでは原則として6ヶ月以上収容される。通常の裁判において「労働教化刑○○年」と判決されたものが収容されるもので、日本でいう刑務所にあたる。所内の生活レベルは労働教養所以上に酷く、病死するもの、餓死するもの、斃死するものが非常に多い。
  4. 北朝鮮で最も重い罪だとされる「政治的犯罪」(国家に叛く行為、すなわち国家最高指導者三代(金日成金正日金正恩)への不忠誠な行為など)を犯したものは最も厳しく、「この世の地獄」と呼ばれる管理所관리소
    一般的にメディアで話題にされる強制収容所である。これについては日本にも多くの情報が入ってきているため、たくさんのことについてわかっている。一般には「政治犯収容所」と呼ばれるが、実際には経済犯でも収容される場合がある。本文を参照。

という所へ送られる。この他にも、

  1. 脱北を試みて失敗し、捕えられた者を収容する秘密監獄
  2. 脱北者、その他軽い罪を犯した者を集結し、強制労働に就かせる労働鍛錬隊
  3. 精神病院である予防院の中にも特に政治犯を専門に収容する77号予防院(平安南道耀徳郡)が存在する
  4. 招待所と呼ばれる施設の中にも大韓民国や海外の国家から拉致した人物用のものや政治犯を収容し予審を行うためのものが存在する

など、様々な強制収容所ないしそれに準ずる施設が存在すると見られる。

ここでは被収容者のレベルが分けられており、レベルIからIIIまで存在する(Iがもっとも重い)。ただし最も軽いレベルIIIでも、一日数グラムのしか配給されず、イモリネズミミミズ等を捕食することでタンパク質を補給しないと生きていけないとされる。それらの捕獲もままならない冬の時期は、平地作業で地面に埋める死体を餌に獣をおびき寄せ捕食したり、そのまま人肉を食す場合もあると言われる。いずれにせよ、生涯にわたり強制労働を課されることは「なぶり殺し」にされているのと一緒なので、北朝鮮での強制収容所への収容は「死刑よりも重い刑」と言われている。

以下、「管理所」について、主に日本において被害者の証言や、実際に北朝鮮に潜入したジャーナリストのレポートなどでいわれている情報を記す。

概要[編集]

数年の刑期で出所可能な革命化区域と、永久に出所できない完全統制区域に分けられる。ごく稀に完全統制区域から革命化区域へと軽減移住されることがあるが、一日僅かな飼料用トウモロコシと塩水程度の食料しか与えられないため、どちらに収容されても無事に出所できる確率は非常に低い。多くの管理所は北朝鮮の秘密警察である国家安全保衛部(保衛部)の第7局(農場指導局)の管轄にあたるが、保衛部の他の部署や、一般の警察にあたる人民保安省(旧称:社会安全部)の管轄にあたると見られる管理所も存在する。収容者は全体でおよそ20万人から30万人といわれる[1]

その内のいくつかには1959年から行われた祖国帰国事業により日本から北朝鮮へ渡った在日朝鮮人日本人妻も多く収容されている。北朝鮮の工作機関では、北朝鮮で生きる親族を強制収容所に収容することをちらつかせて在日朝鮮人を脅迫し、本国への献金を強要したり、土台人に仕立て上げている。21世紀の今日にあって、李氏朝鮮のような独裁が続く北朝鮮体制にとっては、在日朝鮮人だった帰国者と日本人妻たちは朝鮮半島にルーツを持ちながらも、自由と民主主義を肌で知っていることから、北朝鮮社会におけるルサンチマン(憎悪)の格好のはけ口となり迫害されているが、中でも強制収容所に送られた帰国者は、特に過酷な処遇を受けていると考えられている。安明哲の証言によれば、強制収容所に収監された日本人妻が「日本のスパイ、植民地支配者」として警棒で撲殺される現場を、自身が目撃したという。

収容者の主な罪状は金日成金正日の政治方針により時代ごとに異なる。1960年代までは金日成の権力掌握過程において粛清された南朝鮮労働党派、延安派ソ連派甲山派などのいわゆる分派主義者・宗派主義者、および住民の成分分類作業において索出された反動分子の逮捕・収容が多く、1970年代から1980年代までは後継者問題による派閥抗争や朝鮮人民軍の派閥対立に関連した逮捕・収容(例えば金正日の異母弟である金平一への追従を問われて収容される事例)が多かった。と言っても、粛清対象となった派閥に属する人物と多少の繋がりがあるだけでも収容される場合も少なくなかった。1990年代以降は経済状態と食糧難により国境豆満江を無断渡航した者、中国延辺朝鮮族自治州の親類を頼り食料や衣類などを仕入れ、チャンマダンと呼ばれる闇市で商売した者、国家財産を横領した者など経済犯的色彩が強い収容者が主となっている。2000年代以降では、教化所の全収容者数の3分の1以上が韓国映画や韓国ドラマを視聴した為に収監された者であると、韓国の脱北者団体「NK知識人連帯」が伝えている。

これらの収容者は多くの場合国家安全保衛部によって秘密裏に拉致・拘禁され、裁判もなく、あるいは形式的な裁判のみで管理所へ移送される。

また、人民保安省が管轄する管理所では一般経済犯も収容されている。

悲惨な収容所生活[編集]

一日の労働は約12時間、男女の差なく罪状により果樹園・炭鉱・森林伐採・採石などの重労働が課せられる。ノルマの果たせない者はノルマを果たすまで重い労働を徹夜で行わされたり、その場で銃殺されることもある。

また、女性収容者は秘密警察である国家安全保衛部から性的虐待を受けることもしばしばある。そして、発覚した場合、女性収容者は拷問の末に殺されることも多い。なお、保衛部員も収容者と関係を持ったことを理由に懲戒免職され、鉱山などに送られることがある。

収容者は男女を問わず、国家保衛部員の怒りに触れると死に至るまでの暴力・拷問を受ける。管理所内部では国家保衛部員の気まぐれによる公開処刑も頻繁に行われている。

しかし、処遇に耐えかねた収容者が自殺することは極めて稀である。北朝鮮には、収容者の自殺を防止するための社会的なシステムがある。すなわち、自殺者が発生した場合は、当局から「金日成・正日親子に対する反逆の責任を免れるため、自殺したのである」とみなされて、遺された収容者の家族が連座させられ、公開の場に引き出されて危害を加えられたり、侮辱されることになっている。従兄弟・叔父・叔母までもが連座して収容所に収容されることも珍しくはない。こうすることで、収容者の自殺は抑止されているという。政治犯は、李氏朝鮮の頃と同様に連座制で処分されている。すなわち反動分子を増やさぬためにという理由で基本的に親・子・孫の三代までが収容または中山間地域や炭鉱といった僻地への追放処分となる。

収容者は態度によってランク分けされ、「小隊長」や「班長」に任命された収容者は、役得を得て他の収容者の監視や拷問を行うこともあるという。

ちなみに妊婦が収容された場合、反動分子の子孫を絶やすという理由で強制堕胎、または出産後に新生児を生きたまま窒息死させたり、殴打を繰り返して殺される。生きたままの餌にされた例もある。

管理所の革命化区域の収容期間は2年から7年程度。不衛生な環境と著しい栄養失調のため収容中に病死、重労働での事故死というケースが殆どである。

現在は食料難から国境の川、豆満江を越え中国へ逃れた人々を逮捕監禁するための教化所が足りなくなっている状態である。教化所は主に窃盗・殺人・売春などの一般犯罪者を収容する刑務所の役割。平均収容期間は3ヶ月から2年だが、15年や20年といった刑を言い渡された者も多い。食料難と重労働、ならびに虐待・人権蹂躙もこちらも同じである。

2004年咸鏡南道耀徳(ヨドク)郡にある第15号管理所の映像がフジテレビにより報道された。 2003年頃からの脱北者からの証言によるとコッチェビと呼ばれる浮浪児のみを収容する施設もできていることが確認されている。

政治犯強制収容所の所在地[編集]

近年はアメリカ人工衛星より撮影された北朝鮮全体の画像と、元受刑者・元警備兵の証言より約20の強制収容所の所在地と名称が確認されたという。他方、アムネスティの調べによれば、少なくとも6ヶ所の政治犯向け強制収容所が稼動し、約20万人の政治犯がいるという。位置は出版物やインターネットを通じて一般に公開されている。

北朝鮮の主な強制収容所の所在地は、人里離れた中山間地域や、山に囲まれた河川の上流部に立地している。都市やその近郊に所在し、高い塀に囲まれた監獄に独房や雑居房が並んでいるという刑務所や強制収容所の一般的なイメージとは異なり、広大な土地を鉄条網と武装した監視員で取り囲み「管理所」と称している。収容所を上空から撮影した衛星写真をみる限り、鉄条網の中では、収容者の暮らす粗末なバラックが複数の集落を構成し、それらが河川や道路に沿って点在する列村を形成しており、彼らが強制労働を通じて生活の糧を得るための粗末な工場や田畑が広がっている。大きな収容所では、広大な中山間地域に多数の集落が連なって約5万人程度の人口があり、炭鉱や鉱山を含んでいる。小さな収容所でも約5千人程度の人口がある。上空から収容所を撮影した衛星写真は、インターネットのgoogleマップに緯度と経度をプロットして確認することもできる。

収容所付近には監視員とその家族が居住する集落もあり、監視員の家族が収容者と顔を合わせることもあるのが特徴的だ。国家安全保衛部に属していた元監視員の手記によれば、成人である収容者が監視員の家族と路上で鉢合わせした際は腰を深々と折って90度近い角度まで頭を下げ、子供に対して「先生様」と呼んで挨拶することを義務付ける異常な規律が存在する。

たとえ監獄のように、高い塀の中に閉じ込められることはなくとも、北朝鮮の収容所では、冬は雪に閉ざされる人里離れた土地柄と、日々の過酷な処遇による体力の衰え、そして極度の心労・精神的苦痛が、収容者の脱走を不可能なものにしている。

有事に備える当局の証拠隠滅計画[編集]

脱北者によるNGO団体[NO FENCE]の調べによれば、朝鮮有事が勃発した場合、北朝鮮当局は全ての強制収容所を解体して国家による犯罪の証拠を隠滅すると共に、銃殺等の手段を弄して収容者されている政治犯全員の口を封じる準備を整えたとみられる。特に、北朝鮮に帰国事業で渡った特別永住者には、「白丁」や韓国南部の出身者が多いことから「出身成分」が低いと決めつけられており、日本や韓国の手先を意味する「10号対象者」として、収容所の内外を問わず全員が口を封じられるとみられている。

政治犯強制収容所の実態[編集]

前述したように北朝鮮の政治犯向け強制収容所には、二つの分類がある。

革命化区域[編集]

懲役刑でいうところの有期懲役を科せられた人間がここに送られる。といっても、明確な刑期を言い渡されていない者やそもそも裁判を経ずに移送されて来る者も少なくない。収容者は、一日500g内外の雑穀を支給されるだけで、朝早くから夜遅くまで、居住区とは別の場所にある農場や工場で働かされる。監視官による暴行や殴打はしょっちゅうである。有期刑とはいえ、長期囚の中には監視官の殴打で死亡する者もいる。

国家安全保衛部が管轄する収容所では第15号管理所(咸鏡南道・耀徳郡)にのみ存在し、従来は前述した日本からの帰国者などが多く収容されていたが、最近では党幹部など成分の良い者またはその子弟で、犯罪者本人だけが「再教育」として収容されることが多い。そのため収容前の人脈や収容所外部にいる家族による賄賂などが収容所の処遇を左右することもある。この区域から釈放された者の中には安赫姜哲煥など脱北して韓国に亡命する者もおり、現在、強制収容所に関する情報の多くは彼らから提供されるものである。

靴や服が二年に一度支給される。また、班長、流動確認員(収容者の移動を確認する)、整備工などの役目を与えられた幹部級収容者は他の収容者に対して暴力を振るったり搾取を行うことがあるという。

社会安全部が管轄する収容所では第17/18号管理所(平安南道北倉郡)に存在することが知られており、姜成山元首相の娘婿である康明道、韓国に亡命した人民軍少尉金南俊の兄金東俊などが収容されていた。

完全統制区域[編集]

刑罰に例えるならば、ここは仮釈放の機会がある革命化区域とは違い、仮釈放の機会すらない終身刑に処せられた政治犯たちの収容所である。ここでも、幹部に見初められた役付収容者による暴力・搾取が行われる。支給品が滞る事が多く、その場合は服や靴すら自分たちで作り出さねばならない。収容者の栄養状態は悪く、雑草や鼠を食べる事が日常化している。疾病にかかった収容者は、収容所内にある病院で治療を受けることができるという建前があるが、その実態は国家安全保衛部に所属する医師団の判断で「治験」と称する各種の人体実験を受けるか、あるいは治療もされず病院と称される隔離バラックに押し込まれ死を待つばかりである。死んでも刑墓に埋葬されるわけではなく、田畑の奥深いところに肥料として埋められるか、近くに掘られた穴に適当に埋められたり、収容所の警備用に飼育されている軍用犬の餌にされる始末である。

疾病にかかった収容者に対して行われる「治験」は、外科手術の適応外である患者に対して困難な手術を強行したり、動物実験を済ませていない開発中の新薬を使用して治療を行うという事実上の人体実験であり、近年では、北朝鮮の主な輸出品である大麻、ハッシシ、阿片、ヘロイン、覚醒(かくせい)剤等の麻薬の乱用が、人の脳や臓器をいかにして破壊し、人を廃人にしていくかという薬物乱用の過程を調査したり、細菌やウイルスの研究と生体解剖、放射線および放射性物質が人体に与える悪影響を確認する実験が行われているとされる。患者である収容者が死亡した場合は、収容者の遺体の各部位から取り出した組織を標本にして様々な研究が継続される。脱北者団体によれば、医師団は酒や薬物を乱用しながら「治験」にあたっているといわれ、生体解剖による虐殺が繰り返されているという。

収容所を取り囲む鉄条網を超えて逃走を図った者は、発見次第射殺される。規則違反に対しては、公開銃殺のほか、監視官の徒手格闘術の訓練台にされる、木に一日中縛り付ける、棍棒で百数十回打たれるといった罰が用意されている。規則違反といってもほとんどが食べてはならぬ時に食べた、運動時間外に運動をした程度のものだが、収容者は銃殺とならずとも、結局は外傷性ショックによって死ぬことになる。

現在の“完全統制区域”は、第14号、第16号、第18号、第22号、第25号の5箇所であるとされている。特に、第16号と第25号における処遇は劣悪とされる。やはり、人里離れた中山間地域に鉄条網で囲まれた粗末なバラックが並ぶ集落と田畑、工場があり、革命化区域と同様の形態をとるが、第25号管理所(咸鏡北道清津市)ならびに既に閉鎖された旧第26号管理所(平壌市勝湖区域貨泉洞)は、政治犯本人のみを収容する監獄形態をとり、監視員による拷問や、医師団による「治験」が他の管理所以上の頻度で行われている模様である。また、16号収容所では、金日成・正日父子の世襲制を批判した高官や知識人たちがその地位を追われて収容されるという。この収容所では、1987年頃から90年代にかけて約1万人の政治犯が、吉州郡の山奥にある万塔山での大建設工事に動員されたが、動員された者は全員が文字通り消えてしまった。万塔山の周辺には、豊渓里の地下核実験場など秘密の軍事施設が点在しており、政治犯たちは工事の進捗状況に応じて節目ごとに動員され、新旧交代の際には機密保持のための虐殺が繰り返されたとみられる。ちなみに、韓国に亡命したファンジャンヨプ元書記によれば、北朝鮮は1994年に核兵器を保有したとされる。 (いずれも未確認の情報である。)

監視官の不祥事[編集]

監視官の不祥事も後を絶たない。糧秣の横流し、収容者の殺害、役付収容者の強姦などさまざまである。収容者と情を通じたのが発覚すれば監視官も職を失うが、それ以外は見て見ぬ振りで全くのお咎めなしである。

また、菓子煙草その他収容所職員のための食品等を生産する工場があるが、そこに配役された収容者は、監視官との情交を条件にして、酒、煙草、燻製肉その他、収容所外でも手に入らないような貴重品を喫食する機会を与えられる。もし、このことが発覚すれば、当該の監視官は懲戒免職のうえ、北朝鮮特有の身分差別制度である「出身成分」が低い人々がいる地域に追放され、情交した収容者は拷問の上で公開銃殺刑となる。

管理所の一覧[編集]

米国北朝鮮人権委員会en:U.S. Committee for Human Rights in North Korea)が公開している報告書に管理所の位置地図が詳細に掲載されている[2]

国家安全保衛部第7局管轄の管理所[編集]

  1. 第11号管理所 - 咸鏡北道鏡城郡冠帽里。1989年10月に移転
  2. 第12号管理所 - 咸鏡北道穏城郡蒼坪里。1987年5月に移転(北緯42度12分35.73秒 東経129度45分13.17秒 / 北緯42.2099250度 東経129.7536583度 / 42.2099250; 129.7536583 (第12号管理所 Kyo-hwa-so Reeducation camp No. 12)[3]
  3. 第13号管理所 - 咸鏡北道穏城郡豊川里・東浦里。1990年12月に移転
  4. 第14号管理所 - 平安南道价川市皮虎山周辺 (北緯39度34分15.91秒 東経126度3分19.68秒 / 北緯39.5710861度 東経126.0554667度 / 39.5710861; 126.0554667 (第14号管理所 Kwan-li-so Penal-labor colony No. 14)[4]
  5. 第15号管理所 - 咸鏡南道耀徳郡大淑里など。(北緯39度40分33.3秒 東経126度50分57.3秒 / 北緯39.675917度 東経126.849250度 / 39.675917; 126.849250 (第15号管理所 Kwan-li-so reeducation center No. 15)[5]衛星写真の分析から2001年と比較し規模が拡大している事実が2011年5月にアムネスティ・インターナショナルにより発表された。[6]2013年、革命化区域がなくなり完全統制区域のみになったという証言あり[7]
  6. 第16号管理所 - 咸鏡北道化成郡北緯41度16分6.62秒 東経129度23分28.36秒 / 北緯41.2685056度 東経129.3912111度 / 41.2685056; 129.3912111 (第16号管理所 Kwan-li-so Penal-labor colony No. 16)[8]
  7. 第22号管理所 - 咸鏡北道会寧市洛生里・行営里・仲峰洞など(北緯42度32分12.7秒 東経129度56分6.1秒 / 北緯42.536861度 東経129.935028度 / 42.536861; 129.935028 (第22号管理所 Kwan-li-so Penal-labor colony No. 22)[9]
  8. 第25号管理所 - 咸鏡北道清津市松坪区域輸城洞。別名:輸城教化所(北緯41度50分0.55秒 東経129度43分32.15秒 / 北緯41.8334861度 東経129.7255972度 / 41.8334861; 129.7255972 (第25号管理所:輸城教化所 Nongpo Jip-kyul-so Detention Center, No. 25)[10]
  9. 第26号管理所 - 平壌市勝湖区域貨泉洞(別名:勝湖里収容所、1990年1月に移転)
  10. 第27号管理所 - 平安北道天摩郡(1990年11月に移転)

社会安全部管轄の管理所[編集]

  1. 第17号管理所 - 平安南道北倉郡石山里
  2. 第18号管理所 - 平安南道北倉郡得長里。第17号に隣接・第14号とは大同江の対岸(北緯39度32分46.19秒 東経126度3分47.6秒 / 北緯39.5461639度 東経126.063222度 / 39.5461639; 126.063222 (第18号管理所 Kwan-li-so Penal-labor colony No. 18)[11]
  3. 第19号管理所 - 咸鏡南道端川市大興洞(アメリカ人権委員会報告では第105号として報告されている、また1980年代末に解体されたという証言が掲載されている)
  4. 管理所番号不明 - 黄海北道沙里院市

その他の部署管轄の管理所[編集]

  1. 第23号管理所 - 咸鏡南道徳城郡楽園里(旧:泥望只里)
  2. 管理所番号不明 - 咸鏡南道定平郡
  3. 管理所番号不明 - 慈江道煕川市
  4. 管理所番号不明 - 慈江道東新郡
  5. 管理所番号不明 - 平安北道寧辺郡
  6. 管理所番号不明 - 平安北道龍川郡(第29号なのではないかと言われている)

文献に現れるが、詳細が不明の管理所[編集]

  1. 第5号管理所 - 咸鏡南道蓋馬平野(ミネソタ弁護士会国際人権委員会 アジアウォッチ編『北朝鮮の人権―世界人権宣言に照らして』、連合出版、2004)
  2. 第8号管理所 - 慈江道(R. A. Scalapino & Lee Chong-Sik, "Communism in Korea", University of California Press, 1972, p. 830)
  3. 第24号管理所 - 慈江道雩時郡(恵谷治『金正日大図鑑』、小学館、2000、pp.152-153)
  4. 第149号管理所 - 両江道(R. A. Scalapino & Lee Chong-Sik, "Communism in Korea", University of California Press, 1972, p. 830)

未分類[編集]

  1. 南新義州収容所 - 平安北道新義州北緯40度4分37.2秒 東経124度26分24秒 / 北緯40.077000度 東経124.44000度 / 40.077000; 124.44000 (南新義州収容所 South Sinuiju Do-jip-kyul-so Provincial Detention Center)[12]
  2. 第1号教化所 - 平安南道价川市北緯39度42分30秒 東経125度55分24秒 / 北緯39.70833度 東経125.92333度 / 39.70833; 125.92333 (第1号教化所 Kyo-hwa-so Correctional Facility No.1)[13]
  3. 第3号教化所 - 平安北道新義州北緯40度5分51.7秒 東経124度28分40.7秒 / 北緯40.097694度 東経124.477972度 / 40.097694; 124.477972 (第3号教化所 Kyo-hwa-so Correctional Facility No.3)[14]
  4. 第4号教化所 - 平壌江東郡北緯39度0分0秒 東経126度6分0秒 / 北緯39.00000度 東経126.10000度 / 39.00000; 126.10000 (第4号教化所 Kyo-hwa-so Correctional Facility No.4)[15]
  5. 第77号教化所 - 咸鏡南道北緯40度54分53.2秒 東経128度48分33秒 / 北緯40.914778度 東経128.80917度 / 40.914778; 128.80917 (第77号教化所 Kyo-hwa-so criminal reeducation prison-labor camp No. 77)[16]

元収容者・元警備兵の著作[編集]

その他の参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 韓国政府の国家人権委員会による報告(2010年1月現在)
  2. ^ The Hidden Gulag (PDF)”. 米国北朝鮮人権委員会(U.S. Committee for Human Rights in North Korea). 2006年1月27日閲覧。
  3. ^ "The Hidden Gulag" pp.56, 90.
  4. ^ "The Hidden Gulag" pp.38, 90, 111-113.
  5. ^ "The Hidden Gulag" pp.26, 90-101.
  6. ^ 北朝鮮 強制収容所の「おぞましい」実態、国際人権団体 AFPBB, 2011年05月04日
  7. ^ 북한민주화운동본부 안명철 사무총장2013年1月18日 RFA
  8. ^ "The Hidden Gulag" pp.42, 90.
  9. ^ "The Hidden Gulag" pp.40, 90, 115-118.
  10. ^ "The Hidden Gulag" pp.68, 90.
  11. ^ "The Hidden Gulag" pp.39, 102-109.
  12. ^ "The Hidden Gulag" pp.61, 121.
  13. ^ "The Hidden Gulag" pp.44-48.
  14. ^ "The Hidden Gulag" pp.52-53.
  15. ^ "The Hidden Gulag" pp.54-55.
  16. ^ "The Hidden Gulag" pp.49-50, 90.