強くてニューゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

強くてニューゲーム(つよくてニューゲーム)とは、コンピュータゲーム(主にロールプレイングゲーム)のシステムの一つ(の通称)。海外版では「NewGame+」と表記される。

概要[編集]

ロールプレイングゲームなどの、本来はひとたびシナリオが進展したら初めからやり直さない限り前のシナリオをやり直せないゲームにおいて、ゲームをクリアすれば、クリア時点でのセーブデータの情報(キャラクターのレベルや所持アイテムなど)を引き継いで新たに初めからゲームを遊ぶ(ニューゲームを始める)ことができるようになるシステム。「強くてニューゲーム」という名前の初出は『クロノ・トリガー[1] だが(この作品内では表記に漢字が使われず、「つよくてニューゲーム」と表記された)、同様のシステムとしては同作以前のゲームにおいても「クリア時のアイテムやステータスなどを引き継いだまま2周目以降へ突入する」という周回プレイ要素として散見されるため、『クロノ・トリガー』がこのシステムの元祖という訳ではない。

このシステムを用いると、プレイヤーキャラクターは序盤から無敵といえるだけの強さを持った状態で始まるため、戦闘が非常に簡単になり、初回のプレイでは「ボスが強い」などの理由でクリアできなかったイベントが容易にクリアできるなど、ゲームバランスを損ねる恐れはあるものの、ゲーム全体の難易度を引き下げ、より容易にシナリオを味わうことができる[注 1]

また、所持品が引き継がれる場合、本来は入手数が限られる強力なアイテムを再度入手できることから、初回のプレイ時よりもキャラクターを強化させることができる場合がある。「強くてニューゲーム」を繰り返して、強力なアイテムを集めることは、やり込みのひとつである。

『クロノ・トリガー』以降、その続編『クロノ・クロス』を初めとしたスクウェア(当時)製のゲーム作品に、同様あるいは類するシステムが数多く採用されている[注 2]。例外的にファイナルファンタジーシリーズでは長らく採用されなかったが、『ファイナルファンタジーX-2』にて初めて採用された。また、スクウェア以外のメーカーも、こぞって同様のシステムを採り入れた作品を出すようになった[注 3]

ファイナルファンタジーXIIインターナショナル ゾディアックジョブシステム』にも同名のシステムがあるが、これはセーブデータの引き継ぎが行われない(詳細はファイナルファンタジーXIIを参照のこと)など、『クロノ・トリガー』のそれとは大きく異なるものである[注 4]

また、海外でもNew Game+として多様な作品で使われている。RPGで使われることは少なく、主にファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)やサードパーソン・シューティングゲーム(TPS)で使われることが多い。例を挙げれば、FPSのBioshockはDLCで強くてニューゲームを解放した[2]。また、サバイバルホラー・TPSのDEAD SPACEシリーズでは前周でのすべてのアイテムの引継ぎはもちろん、多くのバックストーリーログや高度な装備、アイテムなどが解放された。

なお、実績システムが存在するゲームでは、特定の実績を獲得するために強くてニューゲームをクリアすることが要求される場合がある。例を挙げればBastion英語版の「Calamity Kid」実績 [3] や、Batman: Arkham City英語版のTwice Nightlyなどである。

強くてニューゲーム、ないしそれに類するシステムを持つ作品[編集]

以下、50音順に記す。

クロノ・トリガー以前の作品[編集]

  • Wizardryシリーズ等
    不可逆なシナリオフラグを持たない古典RPGではキーアイテムを処分すれば強くてニューゲーム同様の状態となる。

通信機能などによって強化されたキャラクターを初期シナリオに送り込める作品もある。

  • 凄ノ王伝説 - エンディングで経験値とお金が最高の2周目が始まるパスワードを見る事ができる。
  • リンクの冒険 - クリアするとレベルと魔法を引き継いだ2周目が始まる。

スクウェア(スクウェア・エニックスを含む)の作品[編集]

その他の企業の作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ それを意識してか、『クロノ・トリガー』ではこのシステムを用いてゲームを始めた場合、いつでも最終ボスとの決戦に臨むことができるようになっている。この場合、ボスに挑んだ時点でのシナリオの進み具合によってエンディングが変化する。
  2. ^ 『クロノ・クロス』にはさらに、クリア時点でのセーブデータのキャラクターの強さで、任意のセーブデータのストーリー進行段階からゲームを開始できる「強くてコンティニュー」というシステムもある。
  3. ^ この場合、名称は異なるか、そもそも名称が付けられていない。しかし、プレイヤーはしばし説明のために「いわゆる『強くてニューゲーム』」などと言うことがある。
  4. ^ ちなみに、「強くてニューゲーム」とは逆に、初期状態から経験値の一切入らない「弱くてニューゲーム」というシステムも追加された。こちらも、セーブデータの引継ぎはない。

出典[編集]

  1. ^ Kurt Kalata (2008年3月19日). “A Japanese RPG Primer: The Essential 20”. Gamasutra. p. 5. 2011年5月16日閲覧。
  2. ^ BioShock Challenge Rooms Impressions”. IGN (2008年11月28日). 2012年11月30日閲覧。
  3. ^ Bastion Achievements”. Xbox360Achievements. 2012年1月30日閲覧。