張発奎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
張発奎
Zhang Fakui.jpg
プロフィール
出生: 1896年9月2日
光緒22年7月25日)
死去: 1980年3月10日
Flag of Hong Kong 1959.svg イギリス香港
出身地: 清の旗 広東省南雄州始興県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 張發奎
簡体字 张发奎
拼音 Zhāng Fākuí
和名表記: ちょう はつけい
発音転記: ジャン ファークイ
ラテン字 Chang Fa-k'ui
テンプレートを表示

張 発奎(ちょう はつけい)は中華民国の軍人。国民政府国民革命軍)所属。粤軍(広東軍)の指揮官。日中戦争でも、中国軍の指揮官として各地を転戦した。向華

事跡[編集]

粤軍での台頭[編集]

農民の家庭に生まれる。初めは学問を志したが、途中で断念し、染織技術を学んだ。しかし、辛亥革命勃発と共に、張発奎は広東の新軍に加入している。以後、順調に昇進し、1923年民国12年)1月、李済深率いる粤軍第1師の独立団団長に就任した。東征(陳炯明討伐)などを経て、1925年(民国14年)8月、国民革命軍第4軍独立旅旅長に、冬には第12師師長に昇進した。

1926年(民国15年)からの中国国民党北伐にも参戦する。湖北省呉佩孚率いる直隷派の軍を撃破する上で、張発奎も勇戦により貢献した。この時の国民革命軍第4軍は、「鉄軍」と呼ばれる栄誉を受けている。さらに江西省での掃討に従事した後、第12師は第4軍に拡充され、張発奎は軍長に昇進した。

1927年(民国16年)、蒋介石の上海クーデターにより、上海武漢で国民政府が分裂した。しかし張発奎率いる第4軍は、さらに北伐を継続して河南省に入る。馮玉祥軍と協力して北方各派の軍勢を撃破した。同年6月、張発奎は武漢に凱旋した。

反蒋活動[編集]

張発奎別影(Who's Who in China 5th ed.,1936)

武漢に帰還後、張発奎は唐生智率いる第4集団軍に属し、第2方面軍総指揮(3個軍統括)に任命された。そして、武漢の汪兆銘(汪精衛)を支持して、上海の蒋介石を討伐すべく、7月に出撃した。しかし7月15日には、汪が中国共産党との決別を会議で決定し(分共会議)、張もこれに同調した。ところが、8月1日に南昌に差し掛かったところで、軍内の共産党員が蜂起し、張の軍から離脱した(南昌起義)。

張発奎はその後、残軍を率いて広東へ戻り、李済深と合流した。ところが張は、李から広東の統治権を奪おうと図る。同年11月、李が上海へ向かった隙に、張は挙兵して一時広東を手中に収める。しかし、李は蒋介石の支援を受けて反撃に転じ、結局、張の方が下野に追い込まれてしまった。

その後、1929年(民国18年)3月に、蒋桂戦争が勃発すると、蒋介石から張発奎は再任用され、第1路追撃軍司令官兼第4師師長に任命された。しかし同年9月、汪兆銘らが上海で反蒋を唱えると、張もこれを支持し、再び蒋に反旗を翻した。1930年(民国19年)の中原大戦でも反蒋軍の一員として戦った。しかし最終的に敗北し、張は失脚してしまう。この後、しばらく外国視察に赴き、1935年(民国24年)に、再び蒋の配下として加わった。

日中戦争・国共内戦[編集]

1937年(民国26年)8月13日、上海の防衛線で右翼軍総司令兼第18集団軍総司令をつとめていた張発奎は、日本軍との交戦を開始した(第二次上海事変)。張発奎は、左翼軍総司令をつとめていた張治中とともに激しく抗戦している。しかし11月9日、ついに日本軍に防衛線を破られ、敗退した。

1938年(民国27年)夏、張発奎は、第9戦区第2兵団総司令兼第8集団軍総司令に任命され、武漢会戦に参加した。その後も、広東、広西方面の各地で転戦している。1945年(民国34年)3月には、第2方面軍司令官に昇進した。日中戦争最終盤には、広西の奪回に努め、戦争終結後、広州で日本軍の降伏受諾を担当した。

国共内戦時期において張発奎は、余漢謀薛岳らとともに広東派と呼ばれる集団を形成した。これにより、広東を反共・反蒋介石の根拠地にしようと画策している。1949年(民国38年)1月に蒋が下野し、副総統の李宗仁が代理総統となると、張は陸軍総司令に任命された。そして、李と手を結んで蒋を拘禁しようと謀ったが、失敗に終わる。7月、蒋介石の復権に伴い、張は下野し、香港へ逃亡した。

1980年3月10日、香港で病没。享年85(満83歳)。

参考文献[編集]

  • 徐好文ほか「張発奎」『民国高級将領列伝 5』 解放軍出版社、1999年ISBN 7-5065-1494-X