張夫人 (宋武帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

張夫人(ちょう ふじん、? - 426年)は、南朝宋の武帝劉裕の夫人。少帝劉義符の母。諱および出身は知られていない。

経歴[編集]

東晋の義熙初年に劉裕の寵愛を得て、劉義符と劉恵媛(義興恭長公主)を産んだ。420年永初元年)、夫人に立てられた。422年(永初3年)、少帝が即位すると、皇太后に立てられ、永楽宮と称された。424年景平2年)5月、少帝が廃位されると、張氏は太后の璽綬を返還して、呉県に移り住んだ。同年(元嘉元年)、営陽王太妃となった。426年元嘉3年)、死去した。

伝記資料[編集]