弧 (幾何学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平面における弧の一例
円周の一部分を円弧または単に弧という

幾何学における(こ、arc)とは、おおまかには、曲線のつながった一部分のことであるが、より抽象的な概念に一般化される。初等幾何学においては円周の弧を指すことが多く、そのことを明確にしたい場合には円弧と呼ぶ。

元々、日本語としての「弧」は、木のまたはその形状を意味する。

定義[編集]

位相空間論におけるとは、閉区間 [a, b] から位相空間 X への連続写像 γ、もしくはそののことである[1]弧状連結の概念を定義する際に現れ、その文脈では(みち、path)と呼ばれることも多い。

定義において、閉区間を単位区間 [0, 1] に限る場合もあるが、どちらの定義も同等であることが直ちに従う。X として3次元ユークリッド空間 R3 を取れば、その場合の弧とは、空間曲線の連結な一部分であり、日常的な語の意味に近くなる。さらに、γ として全単射であることを要請することが多く、その場合の弧は、「自己交叉を持たず、閉でもなく、始点と終点を持つ曲線」である。

現実世界における具体例として、地球大圏(あるいは大楕円英語版)の一部は、大圏コースと呼ばれる。

円弧[編集]

上記の定義の特別な場合として円弧を得るには、全単射連続写像 γ : [0, 1] → R2 として

\gamma(t)=(r\cos (\alpha (1-t)+\beta t),\,r\sin (\alpha (1-t)+\beta t))\,

を考えればよい。ここに、r (r > 0) は円の半径、α, β (α < β) は始点および終点の偏角であって、中心角は β − α となる。

円弧の長さ L は半径と中心角より求まる

半径 r、中心角 θ の円弧の長さ L

L=r\theta\,

で与えられる。ただし、角の大きさは弧度法で与えているものとしている。度数法によって、α 度と与えられているならば、θ と α は

\theta=\frac{\alpha}{180}\pi

の関係にあるため、

L=\frac{\pi r\alpha}{180}

となる。

脚注[編集]

  1. ^ 松坂 p. 202

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Margherita Barile and Eric W. Weisstein, "Arc" - MathWorld.(英語)