弦楽四重奏曲第4番 (ニールセン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

弦楽四重奏曲第4番ヘ長調作品44は、カール・ニールセン1906年に作曲した弦楽四重奏曲1906年8月10日フブルサングの私的コンサートで初演された後、1907年11月30日にコペンハーゲン弦楽四重奏団により公開初演され、同弦楽四重奏団に献呈された。初期の段階では作品番号19番で、副題も第1楽章の初稿から由来した、イタリア語で“愉快な”を意味するピアチェヴォレッツァが付されていたが、この曲が1919年に改訂された際に第1楽章の演奏記号が改められ、ピアチェヴォレッツァの副題が省かれると同時に作品番号も44に修正された。

演奏時間[編集]

約26分。

楽曲構成[編集]

  • 第1楽章 Allegro non tanto e comodo 
    ソナタ形式。 第ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロが第1主題を提示した後、第1ヴァイオリンとチェロの演奏で第2主題が現れる。
  • 第2楽章 Adagio con sentimento religioso。
  • 第3楽章 Allegretto moderato ed innocente 
  • 第4楽章 Molto adagio – allegro non tanto ma molto scherzoso

参考文献[編集]

  • 作曲家別名曲解説ライブラリー18「北欧の巨匠」