弦楽四重奏曲第3番 (バルトーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バルトーク弦楽四重奏曲第3番 (げんがくしじゅうそうきょくだい3ばん)Sz.85は、1927年に完成した弦楽四重奏曲である。単一楽章から成る。この前年に作曲されたピアノ協奏曲第1番ピアノソナタでも見られた、打楽器的な器楽法が要求されており、コル・レーニョなどの特殊奏法を用いた荒々しいリズムが特徴である。その反面、音楽の構成は極めて簡素で緊密な構成で書かれている。

この作品は、フィラデルフィア音楽基金協会主催の室内楽音楽コンクールに応募作品として提出され、1等の名誉と賞金をイタリアの作曲家アルフレード・カゼッラと分け合った(賞金はそれぞれ3000ドルずつであった)。この作品はフィラデルフィア音楽基金協会に献呈された。このコンクールにはシマノフスキ弦楽四重奏曲第2番を提出していた。

作品紹介[編集]

作曲年[編集]

1927年。完成したのは9月。

楽曲構成[編集]

  1. Moderato
  2. Allegro
  3. Recapitulazione della prima parte (第1部の再現部)
  4. Coda

の4つの部分で構成される単一の楽章。演奏時間は全曲で約15分。

初演[編集]

1929年2月19日 ロンドン。ヴァルトバウエル弦楽四重奏団による。

作品の内容[編集]

第1部のモデラートは、いわば序奏にあたる部分で、小さな動機が互いに絡み合って構成されている。弦楽四重奏曲第1番と同様、冒頭の動機で8度音程内の12の音すべてが用いられるが、シェーンベルク12音技法によっているわけではない。ピウ・アンダンテの新しい楽想は、スル・ポンティチェロ(駒の近くを弓で擦る特殊奏法)で提示される。対位法部分とリズムが優勢な部分とが交錯しながら第2部アレグロとなる。第2部はかなり変則的ではあるがソナタ形式をとどめている。チェロのピツィカートとヴァイオリンが主題を提示し、ヴァイオリンの主題によるフガートにチェロの主題が絡み、それに再現部が続くという構成である。第3部では第1部の楽想のいくつかが回想されるが、その音楽の文脈は第1部のそれとは全く異なっており、これを「第1部の再現部」と呼ぶのは適切でないとさえ思われる。最後のコーダは、第2部の雰囲気に戻り、順当に名付けるのであれば「第2部の再現部」にあたるものであるが、さすがにこれを再現部と呼ぶのははばかられたのであろう。コーダとされている。

参考図書[編集]

  • ポール・グリフィス・著、和田旦・訳『バルトーク -- 生涯と作品 --』 泰流社 1986年 ISBN 4884705599