弦楽四重奏曲第2番 (ボロディン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレクサンドル・ボロディンの《弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調》は、1881年にジトヴォで作曲、1882年に初演されたとされる。ボロディンが妻に愛を告白した20周年の記念として、エカテリーナ・ボロディナ(作曲家夫人)に献呈された。ボロディンの、そして19世紀ロシア帝国を代表する室内楽のひとつである。

以下の4楽章からなる。

構成[編集]

第1楽章:Allegro moderato
ソナタ形式による第1楽章では異例な点が見られ、呈示部で嬰ヘ短調で登場した第2主題が、再現部では、最初にヘ長調で再登場することである。
第2楽章:スケルツォ:Allegro
スケルツォヘ長調、やはりソナタ形式による。メヌエット風の曲想も古風なら、第2主題が属調で呈示されるところも古典的である。
第3楽章:ノクターン(夜想曲、ノットゥルノ):Andante
モーツァルトの室内楽によく見られたように、三部形式とソナタ形式、変奏曲形式が折衷されたものとなっている。
第4楽章:Finale:Andante - Vivace
終楽章は、導入部における2つのヴァイオリンによる問いと、ヴィオラチェロによる応えが発端となって、ソナタ形式による主部に発展していく。導入部の発想は、ベートーヴェンの《弦楽四重奏曲 第16番》の終楽章にいくぶん似ている。
(他作曲家による編曲)

外部リンク[編集]

弦楽四重奏曲 第2番ニ長調 - 国際楽譜ライブラリープロジェクト内のページ。無料で楽譜PDFが入手可能。