弦楽四重奏曲第2番 (ブラームス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

弦楽四重奏曲第2番イ短調作品51-2は、ヨハネス・ブラームス弦楽四重奏曲第1番ハ短調op.51-1と同時に、1873年に発表された。これらの2曲は著名な外科医でありアマチュアの音楽家であった親友テオドール・ビルロートに捧げられている。 しかし音楽上の助言はブラームスの友人のヴァイオリニストヨーゼフ・ヨアヒムから多くを受けており、弦楽四重奏曲第2番の初演はヨアヒムの率いる弦楽四重奏団によって行われている。

作曲の背景は、同時に発表された弦楽四重奏曲第1番 (ブラームス)の項を参考のこと。

曲の構成[編集]

ブラームスの残した全3曲の弦楽四重奏曲中、最も柔和な表情を持った曲風である。くつろいだ抒情的な雰囲気は、同時に出版された、劇的で力強い第1番とは対照的に作曲されている。

  • 第1楽章 Allegro non troppo
    曲の冒頭に第1ヴァイオリンによって奏される第1主題は、F-A-Eの音列から始まっており、ヨアヒムの有名なモットー「Frei Aber Einsam(自由だが孤独に)」にちなんでいると言われる。
  • 第2楽章 Andante moderato
  • 第3楽章 Quasi Menuetto, moderato - Allegretto vivace
  • 第4楽章 Finale. Allegro non assai

演奏時間は35分ほど。

ブラームスの弦楽四重奏曲は、弦楽四重奏曲の中ではあまり重要視されない傾向にあるが、美しくロマンティックなこの第2番イ短調は、ロマン主義の極致と言える名作である。

編成[編集]