弟切草 (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
弟切草
ジャンル サウンドノベル
対応機種 スーパーファミコン
開発元 チュンソフト
発売元 チュンソフト
プロデューサー 中村光一
ディレクター 中村光一
シナリオ 長坂秀佳
麻野一哉
山﨑修
都築孝史
プログラマー 山名学
音楽 三俣千代子
美術 札場哲
人数 1人
メディア 8メガビットカセット
発売日 1992年3月7日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
コンテンツ
アイコン
恋愛、セクシャル
売上本数 30万本以上[1]
テンプレートを表示

弟切草』(おとぎりそう)は、チュンソフト(現スパイク・チュンソフト)より発売されたゲームソフト。また、その関連する映画や小説など。

概要[編集]

本作品はチュンソフトの自社ブランドの処女作であると同時に、同社が打ち立てたサウンドノベルシリーズの第一作でもある。脚本と監修には、脚本家の長坂秀佳を起用。この作品によってサウンドノベルというジャンルが確立し、その後のアドベンチャーゲームの在り方に多大な影響を与えた。特に、一度エンディングを迎えた後に再プレイすると、ゲーム中の選択肢が増え新たなシナリオに分岐するという、何度もプレイすること(周回プレイ)を前提にしたゲームデザインは本ソフトが確立した。

実在する同名の植物、オトギリソウをモチーフに描かれるホラータッチのストーリーは、ほぼ同じシークエンスで構成される10数本のストーリーから成り立つ。どのストーリーも選択肢によって別のストーリーに移動することがあるが、各ストーリー毎に登場人物の役割や真相が異なっている。周回を重ねて選択肢が増えていくにつれ整合性が取れなくなることも多くなるが、登場人物が整合性の破綻具合を笑い飛ばすシーンなど、ゲームという表現方法を生かした作りとなっている。また、一定の到達度で達成するピンクの栞の写真をチュンソフトに送ると同人誌がプレゼントされるキャンペーンが存在した。

スーパーファミコン用ソフトとして発売されたのを始めとし、後にプレイステーション用ソフトとしてリメイクされ『弟切草 蘇生篇』(おとぎりそう そせいへん)のタイトルで発売された。ムービーシーンの追加やシナリオの大幅な加筆修正に加え、『街 〜運命の交差点〜』から取り入れられたザッピングシステムにより、主人公から奈美の視点に切り替えてストーリーが進められる。

映画や小説なども発表され、携帯アプリとしてリニューアルされたものが、各携帯電話会社よりダウンロード販売されている。またWii用にバーチャルコンソールとしても配信された。

ゲーム内容[編集]

背景として森林や館などが描かれた一枚絵の上に、ストーリーが文字で表示されていくスタイルとなっており、プレイヤーは文字を読みながら時折出現する選択肢を選ぶことでストーリーが進行していく。

ストーリーは、ドライブ中事故を起こし、古びた洋館にたどり着いた主人公とその恋人・奈美が館の中で様々な体験をするもので、選んだ選択肢によってストーリーや人物像が大きく変わるのが特徴。また、選んだ選択肢によって最後にたどり着くエンディングが異なっており、プレイする度に全く新しいストーリーが展開されるようになっている。

サウンドノベルの名称の通り、スーパーファミコン内蔵のPCM音源によって、ドアの開閉の音や水槽の水の音など実際の生活音をサンプリングして使用していることで、臨場感を高めている。

本作では一定の条件を満たすと最初の選択画面の栞の色がピンク色になり、これが「ピンクのしおり」と呼ばれ後の同社のサウンドノベルゲームでも使用されるなど定着した。

キーワード[編集]

公平(主人公)
作品の主人公。名前は変更することが可能。名前は『街 〜運命の交差点〜』からの引用であり、プレイステーション版からの仕様。スーパーファミコン版にはデフォルトの名前は無い。温和な好青年。小説・映画では松平公平となっている。
奈美
主人公の恋人。わがままな性格だが、天真爛漫で憎めない。本人には自覚がないが、彼女が原因となって洋館に迷い込むことになる。シナリオによっては主人公の呼び方を頻繁に変更する(-さん、-クン、-殿など)。小説・映画では菊島奈美となっている。
主人公と共に行動し、洋館で自身の出生の秘密を知る。
ナオミ
奈美の双子の姉だが、幼い頃に別れたため奈美はナオミのことを覚えていない。
ゲームでは額に火傷の痕がある場合が多く、物語と密接に関わっている。
小説・映画では直美という名前であり、小説では有栖川直美、映画では階沢直美となっている。
直樹
奈美とナオミの弟で意外な正体を見せる。
小説では公平の弟で青年となっている。
弟切草
実在するオトギリソウ科の植物。花言葉は「復讐」と作中では語られているが、実際は「秘密」や「恨み」などである。京都に伝わる民話に秘伝の薬の秘密を漏らした弟を兄が切り殺し、その返り血が葉の模様になったという話があり、全てのストーリーはこの民話をモチーフとして展開される。
同じくチュンソフトが発売した『不思議のダンジョン』シリーズに回復アイテムとして登場している。
洋館
物語の舞台。ヨーロッパから移築された古い建物で、周囲には弟切草が生い茂っている。
ミイラ
主人公達が洋館の2階で初めて遭遇する日記を持つ車椅子の女性のミイラ。後に物語の伏線となる。
洋館の玄関口にある西洋風の甲冑。後に消失し意外な所で出現する。
水槽
洋館の玄関口にある人間が入れそうなくらい巨大な水槽。中は藻で濁っていてはっきり見えない。何かが潜む気配を漂わせる。

移植版[編集]

No. 発売日 対応機種 タイトル 開発元 発売元 メディア 型式 価格 売上本数 備考
1 1999年3月25日 プレイステーション サウンドノベル・エボリューション1
弟切草 蘇生篇
ネクセス チュンソフト CD-ROM SLPS 01645 4,800円(税抜) - 街 〜運命の交差点〜』ボーナス体験版付
2 2001年4月12日 プレイステーション PlayStation the Best
弟切草 蘇生篇
ネクセス チュンソフト CD-ROM SLPS 91225 2,800円(税抜) - 廉価版
3 2004年7月9日配信開始 携帯アプリ 弟切草 チュンソフト チュンソフト
ドワンゴ
iモード
EZweb
Yahoo!ケータイ
- 420円(税込) - プレイステーション版の移植
4 2007年8月28日 Wiiバーチャルコンソール 弟切草 チュンソフト チュンソフト ダウンロード - 800Wiiポイント - スーパーファミコン版の移植
5 2011年9月14日 ゲームアーカイブス 弟切草 蘇生篇 ネクセス チュンソフト ダウンロード - 800円(税込) - プレイステーション版の移植
プレイステーション版 
タイトルは『弟切草 蘇生篇』。ハードの性能の向上からグラフィックは作り直され、画質が飛躍的に向上している。また、シナリオも書き直し・追加されている。
携帯アプリ版 
プレイステーション版からの移植。
Wii(バーチャルコンソール)版 
スーパーファミコン版からの移植。

開発[編集]

本作の開発の経緯は、チュンソフトは当初RPGを作成しようと検討していたが、容量の問題で実現できなかった[2]。その後、中村光一と麻野一哉が話し合った際に、麻野はパソコンでかつて存在した『表参道アドベンチャー』や『南青山アドベンチャー』のようなテキストアドベンチャーの作成を発案し、スーパーファミコンの音源の性能を考慮してサウンドノベルという形態が構築された[2]。また、麻野はコマンド選択式のアドベンチャーゲームは詰まると先に進めずにストレスが溜まるため、どんな事があっても最後までたどり着ける事、そして当時ゲームが複雑化してきている関係で操作方法が分かりにくくなっていたため、ボタンを押すだけで先に進めるようにし、プレイヤーの裾野を広げる事を検討していた[2]

麻野は音源の効果を発揮するには恐怖感が一番であると考え、ミステリー仕立てにすることを決定し、密室空間が望ましい事から「館」という仮題で製作を始める[3]。その後、ストーリーを麻野自身で書いていく中で、分岐の多さから書ききれなくなり、シナリオライターである長坂秀佳に依頼する事となった[3]

長坂はゲームブックがブームになった際に、ページが飛ぶだけで一つのストーリーしかない事に不満を抱いたが、もっと面白いものにする可能性を感じていた[4]。その後、ゲーム開発に携わる機会が訪れたが長坂の事情により断念せざるを得なくなる。その後、そのゲーム会社からチュンソフトを紹介され、本作のシナリオ作成の依頼を受ける事となった[5]

依頼を受けた長坂は『弟切草』というタイトル、「復讐」という花言葉、男女二人が山中の洋館に迷い込むという舞台設定に好感を持ったが、麻野が検討していた「1プレイが10日かかるゲームにする」という案を否定し、一つの話は簡潔でいくつもの話が楽しめる、プレイする度に話が変わるものがいいと提案する。しかし、麻野は実現不可能であると長坂の案を否定した[5]

その後、長坂は「バッドエンドを創らずに、一つの話は簡潔でありさらに感動を与えて終わる、次にプレイした時には異なるストーリーが展開される」事を念頭に置いたプランを提出し、チュンソフト側も納得し了承する事となった[6]

中村からは『弟切草』というタイトルは使用しなくてもよい、中身は完全に変更しても構わないとの提案があったが、長坂は「名刺代わりにお膳立ては使って見せる」と話し、『弟切草』というタイトルの使用や麻野の書いた原作を使用した上で変更を加えていく方法で製作する事にした。その中で長坂は、ただの飾りであった鎧を動かしたり、ただの不気味な水槽から怪魚が出る事を考案するなどアイデアを発揮する[6]

また、長坂は2名のアシスタントとともに残りのストーリーを全て担当し、それまでに登場した道具は全て使用する事を決め、鎧、ミイラなどの使い道を模索した。選択肢に関しても徹夜をして作業をするなど検討を重ねた[7]

その他、長坂はギャグ、パロディ、猥褻な表現を最後に入れる事を発案し、それが後に「ピンクのしおり」へと繋がった[8]

スタッフ[編集]

オリジナル版[編集]

  • 監修・作、脚本:長坂秀佳
  • 原案、脚本:麻野一哉
  • 脚本:山崎修、都築孝史
  • 絵監督:札場哲
  • 絵画:原田久美子、合田順一
  • 作曲:三俣千代子
  • 開発監督:山名学
  • 開発:大森田不可止、枡田賢一
  • 音響開発:福沢正 
  • 効果音原音:戸辺豊 (OCB)
  • 協力:中西一彦、長畑成一郎、杉本篤(ファンシー)、霜野史明 (O's)、手塚将統 (O's)
  • 制作・監督 :中村光一

プレイステーション版[編集]

  • 監修・作、脚本:長坂秀佳
  • 原案・構成、脚本:麻野一哉
  • 脚本:山崎修、都築孝史、岩片烈、平松正樹
  • 音楽:三俣千代子
  • 作画・動画制作:
    • 有限会社ピース
      • 山本啓介
    • I.TOON Ltd
      • 伊藤有壱
  • 作画・動画:
    • VFX Studio LOOP HOLE
      • 木村俊幸、松山美恵、丹羽学、志岐善啓、森豊
    • I.TOON Ltd
      • 長井勝己、キムラヒデキ、田村香織、宍戸光太郎
  • 動画音楽制作:
    • VFX Studio LOOP HOLE
      • 姫田蘭
  • 音楽制作:
    • 有限会社リーブ
      • 安藤童太、山田靖子
  • 開発:
    • 株式会社ネクセス
      • 河野光二、五戸正明、矢野達也、苗村吾郎、長澤幹也
  • 効果音:
    • OCB
      • 戸辺豊
  • 検査:曽根康征、石神宏紀
  • 製作補佐:中西一彦、西畑幸雄
  • 宣伝・広報:
    • 有限会社ピース
      • 山本啓介、清水妙子
  • 製作:大森田不可止
  • 製作総指揮・監督:中村光一

評価[編集]

ファミコン通信でのクロスレビューは以下の通りとなっており、40点満点中25点の評価となっている[9]

レビュアー 東府屋ファミ坊 水野店長 森下万里子 ジョルジュ中治 総合
得点 6 6 7 6 25

ファミリーコンピュータMagazineの読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、30点満点中23.5点となっている[10]

項目 キャラクタ 音楽 お買い得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.4 4.2 3.6 3.9 4.0 4.3 23.5

関連作品[編集]

コミック[編集]

小説[編集]

1999年4月10日角川ホラー文庫より初版発行(ISBN 978-4-04-347501-2)。長坂秀佳・著。

キーワードはゲームと同一だが、ストーリーはオリジナル。大ヒットゲーム『弟切草』のゲームデザイナー松平公平が、自らが作ったゲームに似たシチュエーションの事件に巻き込まれる内容。

長坂の小説『彼岸花』『寄生木』と三部作を成し、さらに『彼岸花』『死人花』『幽霊花』の『彼岸花三部作』がクロスするため実質的には五部作の第一作にあたる。また、『彼岸花』はそれぞれ別のメーカーによってプレイステーション2とゲームボーイアドバンスでゲーム化されているが、チュンソフト製作の『弟切草』とは無関係な内容である。

公平の両親は忠信、(七×3久島)和恵、奈美の養父母は浩平、(平松)和子とされる。公平の恋人で奈美・直美の姉の高松明美が登場し、奈美の実の両親は有栖川耀一郎と(高松)志乃となり、耀一郎は奈美の愛人となっている。また、ばらもんと呼ばれる憑依する悪霊が登場する。

ゲームノベル[編集]

  • 弟切草オリジナルゲームノベルス 八百比丘尼の斎

2005年9月16日発売。ISBN 978-4-924978-47-8。著者はゲーム版『弟切草』の原案・脚本の麻野一哉

ゲーム『弟切草』から半年後の物語がゲームノベル形式で綴られている。

なお、作中の選択肢に複数の誤植がありゲームを正常にプレイするにはチュンソフト公式サイトにあるお詫びと修正ページの修正表が必要。

映画[編集]

2001年1月27日東宝系で公開された。ゲームではなく小説が原作となっているが、直美が姉ではなく女装した兄、奈美・直美の父親蒼一が画家、母親の素性が不明など小説とは展開が異なる。全編DVCPROデジタルビデオ)で撮影される。同時上映は、『狗神』。PG-12

スタッフ
  • 監督:下山天
  • プロデューサー:小川真司、仙頭武則
  • エグゼクティブプロデューサー:原正人
  • 原作:長坂秀佳「弟切草」(角川ホラー文庫刊)
  • 脚本:中島吾郎、仙頭武則
  • 音楽:吉田朝子、Kanon screen music foundation(書上奈朋子、牧野信博、三宅大輔、鷲見音右衛門文弘)
  • 技術協力:パナソニック・デジタル・ネットワークサーブ
  • 製作協力:サンセント・シネマワークス
  • 製作プロダクション:アスミック・エース
  • 製作:角川書店アスミック・エース東宝IMAGICA住友商事日本出版販売
キャスト
エンディングテーマ
キャッチコピー
  • 花言葉は、「復讐」。
  • 恐怖は、インモラルな世界へ。(『狗神』と併せて)

関連イベント[編集]

東京ジョイポリス
ホラーアトラクション「弟切草」として公開された。入場者がゲームのように選択肢を選んで進むお化け屋敷。選択により、内容が変わる。映画作品を基に作られた。

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『週刊ファミ通 No.1207』 エンターブレイン、2012年2月2日、110頁。
  2. ^ a b c 「第四章 教養篇 サウンドノベルヒストリー」『サウンドノベル・エボリューション1 弟切草 蘇生篇 公式ガイドブック』 チュンソフト、1999年4月20日、111頁。ISBN 9784924978119
  3. ^ a b 「第四章 教養篇 サウンドノベルヒストリー」『サウンドノベル・エボリューション1 弟切草 蘇生篇 公式ガイドブック』 チュンソフト、1999年4月20日、112頁。ISBN 9784924978119
  4. ^ 「第三章 知識篇 スペシャルインタビュー 長坂秀佳」『サウンドノベル・エボリューション1 弟切草 蘇生篇 公式ガイドブック』 チュンソフト、1999年4月20日、92頁。ISBN 9784924978119
  5. ^ a b 「第三章 知識篇 スペシャルインタビュー 長坂秀佳」『サウンドノベル・エボリューション1 弟切草 蘇生篇 公式ガイドブック』 チュンソフト、1999年4月20日、93頁。ISBN 9784924978119
  6. ^ a b 「第三章 知識篇 スペシャルインタビュー 長坂秀佳」『サウンドノベル・エボリューション1 弟切草 蘇生篇 公式ガイドブック』 チュンソフト、1999年4月20日、94頁。ISBN 9784924978119
  7. ^ 「第三章 知識篇 スペシャルインタビュー 長坂秀佳」『サウンドノベル・エボリューション1 弟切草 蘇生篇 公式ガイドブック』 チュンソフト、1999年4月20日、95頁。ISBN 9784924978119
  8. ^ 「第四章 教養篇 サウンドノベルヒストリー」『サウンドノベル・エボリューション1 弟切草 蘇生篇 公式ガイドブック』 チュンソフト、1999年4月20日、116頁。ISBN 9784924978119
  9. ^ 「第四章 教養篇 サウンドノベルヒストリー」『サウンドノベル・エボリューション1 弟切草 蘇生篇 公式ガイドブック』 チュンソフト、1999年4月20日、115頁。ISBN 9784924978119
  10. ^ 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 182頁。