引用分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

引用分析(いんようぶんせき、英語:citation analysis)とは、書籍の文献や雑誌の記事に記載されている引用(参考文献ともいう)について分析する学問である。学問領域は、科学計量学(かがくけいりょうがく、scientometrics)の一分野であり,図書館情報学(としょかんじょうほうがく、library and information science)に属し,計量書誌学の主要な分析手法である。

引用と被引用[編集]

引用とは記事などを執筆する過程で著者が必要とする記事などを引く行為である。被引用とは記事などが他の記事などから引用されている状態を示す。よって時間的順序は被引用記事が引用記事より必ず前である。

主要な研究者・所属機関[編集]

  • Blaise Cronin / School of Library and Information Science, Indiana University, IN USA
  • Eugene Garfield / Institute for Scientific Information, PA USA
  • Michael H. MacRoberts /
  • Barbare R. Macroberts /
  • Henk F. Moed / Centre for Science & Techonology Studies, Leiden University, Netherland
  • Per O. Seglen / Institute for Studies in Research and Higher Education, Norway
  • Anthony F.J. van Raan / Center for Science and Technology Studies, Leiden University, Netherlands

引用分析に影響を及ぼした重要な論文[編集]

  • Seglen, P. O. (1992b). The skewness of science. Journal of the American Society for Information Science, 43(9), 628-638.

科学記事は、ほとんど引用されない大多数の記事と多く引用される少数の記事からなる。

関連項目[編集]