引き裂かれた女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
引き裂かれた女
La Fille coupée en deux
監督 クロード・シャブロル
脚本 セシル・メストル
クロード・シャブロル
製作 パトリック・ゴドー
製作総指揮 フランソワーズ・ガルフレ
出演者 リュディヴィーヌ・サニエ
ブノワ・マジメル
フランソワ・ベルレアン
音楽 マチュー・シャブロル
撮影 エドゥアルド・セラ
編集 モニーク・ファルドゥリ
製作会社 Alicéléo Cinéma
Rhône-Alpes Cinéma
France 2 Cinéma
Integral Film
Alicéléo
配給 フランスの旗 Wild Bunch Distribution
アメリカ合衆国の旗 IFC Films
日本の旗 紀伊國屋書店マーメイドフィルム
公開 フランスの旗 2007年8月8日
アメリカ合衆国の旗 2008年8月15日
日本の旗 2011年4月9日
上映時間 115分
製作国 フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
言語 フランス語
興行収入 $8,488,537[1]
テンプレートを表示

引き裂かれた女』(ひきさかれたおんな、原題: La Fille coupée en deux)は、2007年に公開されたフランスサスペンス映画1906年ニューヨークで起きた情痴事件「スタンフォード・ホワイト (Stanford White殺害事件」からヒントを得た作品である。この事件を題材にした映画作品には、リチャード・フライシャー監督の『夢去りぬ』(1955年)やミロシュ・フォアマン監督の『ラグタイム』(1981年)がある。

あらすじ[編集]

テレビのお天気キャスターであるガブリエルは、30も年上の既婚者である高名な作家シャルルと恋に落ちる。 ガブリエルはシャルルに夢中になり、シャルルの淫らな遊びにも付き合うようになる。しかしプレイボーイのシャルルにとってガブリエルは単なる遊び相手に過ぎなかった。深く傷ついたガブリエルは、かねてより自分に熱烈にアプローチしていた富豪の放蕩息子ポールと結婚することにする。何かと悪い噂の多いポールとの結婚をやめるように言うシャルルに対し、ガブリエルは、シャルルだけを愛しているが、シャルルが妻と離婚する気がない以上、自分はポールと結婚すると言い放つ。

ガブリエルとポールの結婚生活は、嫉妬深く独占欲の強いポールが、ガブリエルの過去の男性関係、特にシャルルとの関係にこだわり、最初からつまづく。そして思い詰めたポールは、公の場でシャルルを撃ち殺してしまう。

ポールの母ジュヌヴィエーヴはガブリエルに、ポールの減刑のために裁判でシャルルを貶める証言をするように言うが、シャルルを愛していたガブリエルは彼との思い出を汚したくないと、裁判では真実を語る。結果として、ポールに同情が集まり、病院への収容が決まるが、ガブリエルが今でもシャルルを愛していることを知ったポールはガブリエルとの離婚を決意する。ガブリエルは母の兄でマジシャンのドニに誘われ、彼のアシスタントとして舞台に立つ。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ A Girl Cut in Two (2008)” (英語). Box Office Mojo. 2011年4月10日閲覧。

外部リンク[編集]