弓状束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脳: 弓状束
DTI Brain Tractographic Image A panal.jpg
神経経路の拡散テンソル画像。画像左側、右弓状束と左弓状束(Raf, Laf)が示されている。ほか左右の上縦束(Rslf, Lslf)、壁板(Ta)。
Brain Surface Gyri.SVG
脳における言語中枢を示す。弓状束は緑の領域 (ウェルニッケ野) と青い領域 (ブローカ野) を結ぶ。この経路の障害は伝導性失語を引き起こす。
名称
日本語 弓状束
英語 arcuate fasciculus
ラテン語 fasciculus arcuatus
関連構造
上位構造 白質上縦束
画像
Digital Anatomist 弓状束
弓状束
関連情報
NeuroNames 関連情報一覧
テンプレートを表示

弓状束(きゅうじょうそく、: arcuate fasciculus)は、側頭-頭頂連結部(temporoparietal junction) の後部と前頭皮質を結ぶ 神経経路 で、現在では上縦束の一部であると考えられている。

機能[編集]

大脳皮質内でも言語に特化した領域であるブローカ野ウェルニッケ野を接続していると考えられている。

言語の産出をつかさどる領域と理解をつかさどる領域を接続している。

機能障害[編集]

この経路の障害は伝導性失語として知られる失語症を引き起こす。この患者では音声言語の理解、産出は保存されているが、聞いた言葉を反復することが出来ない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]