建福帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
建福帝
阮朝
七代皇帝
国号 大南
王朝 阮朝
在位期間 1883年-1884年
都城 順化皇城(現フエ
姓・諱 阮福昊、阮福膺登、阮福膺祜
諡号 紹徳志孝淵睿毅皇帝
廟号 簡宗
別号 養善堂
生年 1869年2月12日
没年 1884年7月31日(満15歳没)
実父:堅太王阮福洪侅
養父:嗣徳帝
裴氏清
陵墓 陪陵
元号 建福

建福帝(けんふくてい、キエンフックてい、Kiến Phúc、1869年2月12日 - 1884年7月31日)は、阮朝の第7代皇帝(在位:1883年 - 1884年)。

実子のいなかった嗣徳帝は3人の甥を養子としたが、その中で最年少だったのが建福帝である。養子の中では最も聡明で、嗣徳帝も彼を後継者にしようとしたが、慈裕皇太后(嗣徳帝の母)の反対で実現しなかった。

先代の協和帝が権臣阮文祥ベトナム語版英語版尊室説ベトナム語版英語版と対立して毒殺された後、15歳で即位したが、建福帝も権臣の専横に不満を抱いていた。その折、建福帝は自分の養母である学妃中国語版英語版嗣徳帝の側室)と阮文祥ベトナム語版英語版が密通していることに気付き、彼らを処罰しようとした。しかし、それに気付いた阮文祥ベトナム語版英語版は先手を打ち、学妃に建福帝が服用している薬へ毒薬を混入させた。

その2日後、建福帝は在位わずか半年にして16歳の若さで崩御した。弟の咸宜帝が帝位を継いだ。

先代:
協和帝
阮朝 皇帝
第7代: 1883年 - 1884年
次代:
咸宜帝