廣川信隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

廣川 信隆(ひろかわ のぶたか、1946年3月25日 - )は東京大学医学系研究科の特任教授、キネシンスーパーファミリー (KIF) を中心に、細胞生物学分子生物学発生学生物物理学の研究をしている。

業績[編集]

1970年代に「急速凍結顕微鏡法」を開発し、神経細胞の中で働く分子モーターの働きを解明し、現在発見されている90種の分子モーターの大部分を発見した。特に分子モーターが「微小管」の中を毎秒数マイクロメートルで動いて物質を運んでいることを発見した。また心臓の左右の位置が分子モーター (KIF3) の働きで左右されることや、がんを抑制する分子モーターを発見した[1][2]

略歴[編集]

  • 1946年神奈川県横須賀市生まれ
  • 横須賀学院小学校卒業
  • 栄光学園中学校・高等学校卒業
  • 1971年 東京大学医学部卒業
  • 1971年 医師免許取得
  • 1978年 医学博士(東京大学)取得
  • 1971年 東京大学医学部附属病院脳神経外科研修医
  • 1972年 東京大学助手(医学部解剖学教室 中井準之助教授[3]
  • 1976年 米国カリフォルニア大学医学部(サンフランシスコ)生理学教室, NIH Fogarty Research Fellow
  • 1980年 米国ワシントン大学医学部生理生物物理学教室 Research Fellow (MDAA) George Meany Fellow
  • 1982年 米国ワシントン大学医学部助教授(生理生物物理学教室)
  • 1983年 同 上 准教授(解剖神経生物学教室)
  • 1983年 東京大学医学部教授(37歳)
  • 2003年2007年 東京大学医学系研究科長・医学部長
  • 2010年 東京大学特任教授(医学研究科)現在に至る

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 探求「脳の神秘の一端解明」:2012年5月17日読売新聞夕刊7面
  2. ^ サイエンティストライブラリー特別編「未踏の細胞を観察する
  3. ^ 生命誌研究館顧問、1918年、京都市生まれ。旧制第一高等学校、東京大学医学部卒業。1957年東京大学(解剖学)教授。退官後、筑波大学副学長、浜松医科大学学長を経て現在、浜松ホトニクスおよび生命誌研究館顧問。神経一筋接合の成功などの業績により、1976年日本人初のアメリカ解剖学会名誉会員となる。

外部リンク[編集]