廈門駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
廈門駅
廈門駅駅舎
廈門駅駅舎
站 - Xiamen Station
所在地 福建省廈門市思明区
所属事業者 中華人民共和国鉄道部
管轄鉄路局 南昌鉄路局
等級 一等駅
所属路線 鷹廈線福廈線
駅構造 地上駅
ホーム 単式ホーム1面、島式ホーム1面
開業年月日 1957年4月17日[1]
廈門駅
各種表記
繁体字 廈門站
簡体字 厦门站
拼音 Xiàmén Zhàn
発音: シャーメン ヂャン
英文 Xiamen Railway Station
テンプレートを表示

廈門駅(アモイえき)は中華人民共和国福建省廈門市思明区に位置する中国国鉄南昌鉄路局が管轄するである。

駅構造[編集]

所属路線[編集]

利用状況[編集]

鷹廈線、福廈線の終点であり、北京上海等の各地へ始発列車があり、一日の発着する旅客列車は2010年5月現在各種別を含め80本を超える[2]2007年の出発旅客数は385.52万人、旅客収入は5.99億であった。高崎駅(元廈門北駅・貨物駅)、集美駅、杏林駅及び前場駅の4駅を管轄する。

歴史[編集]

1956年12月19日、鷹廈線が完成し、本駅も建設された。次年の1957年1月6日に本駅に初めての列車である1本の貨物列車が上海から到着した。同年の4月12日に最初の旅客列車客車列車)が到着し、三等客貨運総合駅として正式に営業を開始した[3]。当時の駅面積は800で発着線は4本であった。1979年9月に本駅の拡張計画が鉄道部の認可を得た。次年の1980年5月に工事を開始し、1983年5月1日に使用開始した。新たな駅舎は4階建で、2つの待合ロビーと出札口、貸切及び貴賓待合室を含み建築面積は8,575m²である[4]1993年12月には鷹廈線の電化が本駅まで達した。1999年9月10日に一等旅客駅となり、2004年5月9日には南昌鉄路局直属の管轄となった[1]。3本目のホームを増設する工事中である[5]2010年4月26日に福廈線が開業した[6]

隣の駅[編集]

中国国鉄
鷹廈線
高崎駅 - 廈門駅
福廈線
廈門北駅 - 廈門駅

駅周辺[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 廈門火車站 車站簡介
  2. ^ 廈門火車站時刻表
  3. ^ 廈門交通志編纂委員会 編:廈門交通志.北京:人民交通出版社,100—103.ISBN 7-11400-728-0
  4. ^ 陳嘉平(1995年).廈門地誌.廈門:鷺江出版社,64—66.ISBN 7-80610-100-4
  5. ^ 廈門火車站装修年底前完工 整体色调由緑変藍
  6. ^ 福廈鉄路今日開通,乗客熱議「同城效応」:人民網

外部リンク[編集]