廈門航空機ハイジャック事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アモイ航空 8301便
出来事の概要
日付 1990年10月2日
概要 1)の機内で、ハイジャック犯とパイロットが揉み合いになり、着陸失敗。
現場 中華人民共和国の旗 中国広州白雲国際空港
乗客数 1)93 2)110 3)0
乗員数 1)9 2)12 3)1
負傷者数
(死者除く)
1)20 2)35 3)1
死者数 1)84 2)47 3)0 地上)1 計132名
生存者数 1)20 2)76 3)1
機種 1)ボーイング737(ハイジャック機) 2)ボーイング757 3)ボーイング707
運用者 中華人民共和国の旗 アモイ航空中国南方航空
機体記号 1)B-2510 2)B-2812 3)B-2402

廈門航空機ハイジャック事件あもいこうくうきハイジャックじけん)とは1990年10月2日に起きた廈門航空旅客機ハイジャックされた事件である。犯人の要求した台湾行きを機長が拒否、言い争う間に燃料が払底し、広州へ着陸しようとしたため犯人が激怒、機長ともみ合いになり着陸に失敗した。その後暴走し空港内の旅客機に相次いで衝突、そのために多くの死傷者を出した。

事件の概略[編集]

1990年10月2日、中国福建省に本社を置く廈門航空廈門広州行きの8301便(ボーイング737-247、機体記号B-2510、1984年製造)が若い男性にハイジャックされた。犯人は操縦席に機長だけを残し他のクルーを追い出したうえで、台湾行きを要求した。しかし機長は要求を拒否、そのため言い争いとなるが、その間に燃料が無くなりかけたので機長はイギリス香港(当時)への着陸を妥協策として提案した。犯人はそれを拒絶、いよいよ燃料が底を突き広州白雲国際空港(旧空港)に着陸しようとしたところ、犯人が激怒、機長ともみ合いになった。そのため着陸に失敗、滑走路を逸脱し、途中で上海への離陸のために待機中であった中国南方航空ボーイング757-21B(機体記号B-2812、同年5月に新造機として引き渡されたばかりの機体だった)に衝突、その胴体前部と主翼を切断したのち、駐機場にいた中国南方航空ボーイング707-3J6B(機体記号B-2402、1973年製造)に衝突、最終的には草地で横転して停止した。

結果的にボーイング737の乗員乗客104人のうち84人(ハイジャック犯を含む)と、ボーイング757の乗員乗客118人のうち47人と、空港内の車両運転手1名のあわせて132名が犠牲になった。なおボーイング707には操縦士が1人搭乗していたが奇跡的に生命に別状はなかった。原因であるが、ハイジャックを許した中国の航空保安体制に不備があったことが挙げられるが、ハイジャック機が着陸するにもかかわらず、ボーイング757(当機種にとっては直接の事故原因があったわけではないが、初めての人身死亡事故であった)に離陸のための地上走行を許可した管制塔の危機感の欠如が被害を拡大させたため、中国当局も不備を認めざるを得なかった。

外部リンク[編集]