床入り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

床入り(とこいり)は、婚礼の夜に、新夫婦が初めて同じ床に入り、寝ることである。

概略[編集]

小笠原流古式においては、寝所に、比翼枕、犬張子、乱箱、守刀、鶺鴒台などを置く。新夫婦は、角盥(つのだらい)に穂長(ほなが)と青石(あおいし)3つを入れ、手水を使い、新婦が先に、新郎が続いて床に入る。

これに先立って、床盃が行なわれる。

韓国[編集]

韓国では伝統的に新婚初夜覗きの習慣がある。