広開土太王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

広開土太王』(こうかいどたいおう)は、2011年6月8日から2012年4月29日まで放送された韓国KBSのテレビドラマ。全92回。4世紀から5世紀に実在し、領土を拡大した高句麗第19代王、広開土王(好太王)を主人公とした作品。それ以外のドラマでは『太王四神記』が挙げられるが、ストーリーはそれとまったく異なる。

出演[編集]

高句麗19代王。
ケヨンスの息子。中山(ちゅうざん、現在の河北省)でスパイ活動をしている。後燕の王族の養子になり、後に王座に付く。
慕容垂の息子で、後燕(こうえん)の皇太子。
ケヨンスの娘。コウンの妹。敵対同士の父ケヨンスとタムドクの間で葛藤する。
コムの末娘。辺境で育ち、遼東周辺の地理を良く知っている。
タムドクの妹。明るい性格。募容宝の妻になるが、帰路、殺される
靺鞨族の女戦士。父が高句麗に殺されたため、高句麗に対し敵愾心を持つ。
鮮卑族の後燕の建国者。息子の慕容宝や慕容熙と供に絶えず高句麗を侵略してきた。
ヤギョンの父。故国原(コググォン)王の弟。
後燕の策士。タムドクを警戒する。
靺鞨族の戦士。ソル・チの兄。
タムドクの父。王位につく際ケヨンスの助けを受けている。
消奴(ソノ)部の首長。朝廷の権力者。
タムドクの母。
コムの次男。
コムの守備軍の指揮官。
モドゥ・ヨンの弟。
ヨン・ドブの息子。タムドクに忠誠を尽くす。
タムドクの兄。大人しい性格。
故国壌(コグギャン)王の弟。
ケヨンスの親戚。
ヨン・サルタの父。
コムの忠臣。
高句麗の軍事の責任者である大幢主(テダンジュ)。

倭国(大和朝廷)

  • 大王(おおきみ)

:倭国の王。蘇我天に政権を握られている。

  • 蘇我天

:新羅征伐の主導者。モデルは、蘇我氏の祖先の武内宿弥。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]