広瀬氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

広瀬氏廣瀬氏(ひろせし)は、日本氏族である。日本全国に分布しており、主なものとして下記の流れがある。


清和源氏武田氏族[編集]

影房流(彦根藩士)[編集]

甲斐武田家が長篠の戦いで滅びたのち、廣瀬景房は徳川家康に取り立てられ、井伊直政付きとなった。江戸時代は、彦根藩士となった。

正直流(日田商家)[編集]

広瀬氏
(日田広瀬氏)
家紋
丸に酢漿草
本姓 清和源氏義光流武田氏
家祖 広瀬貞昌
種別 地下人
平民
出身地 不明(甲斐国摂津国筑前国博多とも)
主な根拠地 豊後国日田
大分県
著名な人物 広瀬月化
広瀬三郎右衛門
広瀬淡窓
広瀬久兵衛
広瀬旭荘
広瀬青邨
広瀬林外
広瀬正雄
広瀬勝貞
凡例 / Category:日本の氏族

先祖は、甲斐国武田氏重臣の板垣氏または山県氏家臣、広瀬郷左衛門尉景房の弟広瀬将監正直とされる。初代広瀬五左衛門貞昌は、1673年(延宝元年)に博多から天領であった豊後国日田(現在の大分県日田市)に移り、掛屋「堺屋」を開業。後に屋号を「博多屋」とした。

咸宜園を開いた淡窓をはじめ、その子孫に、儒学者俳人が多く出た。月化・桃秋(三郎右衛門の号)・淡窓・秋子・南陔(久兵衛の号)・旭荘・青邨・林外は、広瀬八賢と称される。また、淡窓のあとを継いだ旭荘・青邨・林外は、三広と呼ばれる。

近現代においては、元郵政相の広瀬正雄や富士紡績社長となった広瀬貞雄、大分県知事の広瀬勝貞など政界、経済界に名を残す。

家系[編集]

 広瀬貞昌
  ┃
 源兵衛
  ┃
 久兵衛
  ┣━━┓
  月化 三郎右衛門
     ┣━━┳━━┳━━┓
     淡窓 秋子 久兵衛 旭荘
     ┃     ┃  ┃
     青邨    源兵衛 林外
    (養子)    ┃
     ┃    七三郎
     貞文     ┃
           貞治
           ┃
           正雄
           ┣━━┳━━┳━━┓
           貞雄 道貞 勝貞 興貞

著名な人物[編集]