広島県立広島産業会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
広島県立広島産業会館
広島県立広島産業会館 東館01.JPG
東展示館
広島県立広島産業会館 西館01.JPG
西展示館が入居する『広島産業文化センター』
広島県立広島産業会館 本館01.JPG
本館
情報
開館 1970年10月11日
運営 公益財団法人ひろしま産業振興機構
所在地 732-0816
広島市南区比治山本町12-18
位置 北緯34度22分49.9秒 東経132度28分10.3秒 / 北緯34.380528度 東経132.469528度 / 34.380528; 132.469528座標: 北緯34度22分49.9秒 東経132度28分10.3秒 / 北緯34.380528度 東経132.469528度 / 34.380528; 132.469528

北緯34度22分49.9秒
東経132度28分10.3秒

広島県立広島産業会館(ひろしまけんりつさんぎょうかいかん)は、広島県広島市南区にあるコンベンション施設である。

概要[編集]

本館・東展示館・西展示館で構成されている。

1970年(昭和45年)10月1日、県条例第18号で設置が決定[1]。同年10月11日に現在の本館及び東展示館が開館した[2]

その後、南区民文化センター・広島市立南区図書館などが入居する『広島産業文化センター』に西展示館が設けられ、1990年(平成2年)7月に開館した[3]

2008年(平成20年)4月1日より指定管理者制度が導入され、公益財団法人ひろしま産業振興機構が管理運営に当たっている[4]

施設概要[編集]

本館[編集]

第1・2展示場と会議室が2階にある。

  • 第1展示場:面積195m2
  • 第2展示場:面積182m2

東展示館[編集]

2,558m2の広さとステージを持つ展示場からなり、コンサートや演劇、プロレスの興行にも対応している。展示場は3室に仕切ることができる。

  • 第1展示場:面積1,268m2
  • 第2展示場:面積645m2
  • 第3展示場:面積645m2

西展示館[編集]

第1・2・3・4展示場、第1・2商談室、さらに控え室も6部屋用意されている。第1・2展示場は天井の高さ7m。ロビーでセレモニーを開くことも出来る。

『広島産業文化センター』内にあり、1994年アジア競技大会のメインプレスセンターとなった。広島市南区民文化センター・広島市立南区図書館も併設されている。

  • 第1展示場:面積864m2
  • 第2展示場:面積845m2
  • 第3展示場:面積459m2
  • 第4展示場:面積397m2

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『広島県史 年表』 794ページ
  2. ^ 『戦後五十年 広島県政のあゆみ』 392ページ
  3. ^ 『戦後五十年 広島県政のあゆみ』 4122ページ
  4. ^ 広島県立広島産業会館に係る指定管理者の候補者の選定について (PDF)

参考書籍[編集]

  • 『広島県史 年表』(広島県)
  • 『戦後五十年 広島県政のあゆみ』(広島県)

関連項目[編集]

  • 原爆ドーム - 戦前は「広島県商品陳列所」(のち広島県産業奨励館)として商品展示などを行っていた。
  • 広島師範学校 - 西館(産業文化センター)の敷地に戦前期に所在していた学校。

外部リンク[編集]