広島市信用組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
広島市信用組合のデータ
統一金融機関コード 2680
店舗数 34
(2010年3月31日現在)
設立日 1952年
本店 2010年1月撮影
Hiroshimashi shinkumi.JPG
所在地 〒730-0036
広島県広島市中区袋町3番17号
外部リンク 公式サイト

広島市信用組合(ひろしまししんようくみあい)は、広島県広島市中区に本店を置き、同市を中心に営業を展開する信用組合であり、「シシンヨー」の愛称で親しまれる[1]。全国の信用組合で唯一、日本格付研究所(JCR)から格付けを取得。また、広島修道大学広島経済大学産学連携に関する協定を連結した。2011年3月31日時点

概況[編集]

2011年9月末時点

  • 出資金:177億48百万円
  • 職員数:412人
  • 店舗数:34支店
  • 預金高:3,854億円
  • 貸出金:3,494億円
  • 当期純利益:1,823百万円
  • コア業務純益(ROA):3,304百万円(1.59%)
  • 自己資本比率:11.60%
  • 不良債権比率:1.92%
  • 格付け:(JCR)A- 見通し「ポジティブ」

経営特徴[編集]

2011年3月末時点

①株式運用は行わず、投資信託や、NISAは取り扱わない[2]。よって、『算数の経営』による計算できる経営を実現。

②不良債権を残さないバルクセールの徹底。バルクセールによって、営業店、本部の事務コストが大幅に軽減されている。不良債権の部分直接償却は行っていない。

③預貸率90%を方針化しており、融資の判断は原則3日以内で決裁[1]

知名度[編集]

2011年3月末時点

①規模はやや小さいものの、「本業特化」「シンプルな経営」というビジネスモデルがマスコミ等に評価されている。また、全国の金融機関の中でも注目されており、他の金融機関からの視察がある。

②2011年度から、マツダスタジアムでスポンサードゲームを開催した。

③中小企業白書では、地域密着型の金融機関の事例として掲載された。

④官民ファンドに3億円、県下の金融機関を含め民間からの初めての出資を実施した[3]

沿革[編集]

  • 1952年 広島商工会議所にて創立総会開催
  • 1957年 西条信用組合を合併
  • 1972年 吉田信用組合を合併
  • 2001年 広島第一信用組合を合併

ATMについて[編集]

広島市信用組合のATMCDでは、広島銀行キャッシュカードは、平日8:45~18:00の出金は手数料が無料、平日8:00~8:45・18:00~21:00の出金、土曜・休日9:00~17:00の出金は手数料が105円となる。また、「しんくみ お得ねっと」で提携している信用組合のキャッシュカードは、平日8:45~18:00の出金及び土曜9:00~14:00は手数料が無料、平日8:00~8:45・18:00~21:00の出金、土曜14:00~17:00の出金、休日9:00~17:00の出金は手数料が105円となる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]