広島の犠牲者に捧げる哀歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

広島の犠牲者に捧げる哀歌(ひろしまのぎせいしゃにささげるあいか、ポーランド語: Ofiarom Hiroszimy)は、クシシュトフ・ペンデレツキ1960年に作曲した弦楽合奏曲

編成[編集]

ヴァイオリン24、ヴィオラ10、チェロ10、コントラバス8

演奏時間[編集]

約8分

内容[編集]

トーン・クラスターを駆使した彼の代表作の1つである。当初は広島犠牲者に捧げる目的で書かれていなかったが、ポーランド国立交響楽団の日本初演にあたり、松下眞一のアドバイスで現在のような標題に落ち着いた。1994年には、広島交響楽団を自ら指揮して広島初演を果たした。哀歌と題されてはいるが、ペンデレツキ自身は原爆の様子を音で表現してはいない。

音の長さは最後を除いては音価を書いていないのでかなりの不確定要素がある。作曲者はこの作曲法をクラカウの電子音楽のスタジオで得た経験から来たとテレビのインタビューで答えている。

参考文献[編集]