広兼邸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
広兼邸
Hirokane house14bss.jpg
全景
所在地 岡山県高梁市成羽町中野2710
位置 北緯34度50分20.42秒
東経133度28分1.28秒
類型 庄屋住宅
形式・構造 木造、入母屋造瓦葺
敷地面積 2,581
延床面積 323m²
建築年 文化10年(1813年
テンプレートを表示
桜門

広兼邸(ひろかねてい)は岡山県高梁市にある歴史的建造物である。吹屋ふるさと村の保存建造物の一つであり、吹屋中心部より南方約3キロメートルに位置する。

概要[編集]

江戸時代後期に小泉銅山とローハ(緑礬硫酸鉄ベンガラの原料)製造を営み巨大な財を成した大野呂の庄屋広兼家2代目の元治が建てた巨大な邸宅。1977年松竹映画『八つ墓村』などの映画ロケ地としても知られる。

城郭のような雄大な石垣母屋土蔵3棟・桜門・長屋は江戸時代の文化10年(1810年)に、離れは大正時代に建設された。敷地は781(2,581平方メートル)、母屋は98坪(323平方メートル)に及ぶ。 庭園には水琴窟が設置されている。

周囲には代官御用所として惣代庄屋を務めていた人の住まう活きた文化財西江邸がある。松竹映画『釣りバカ日誌18』のロケ地となった。

利用情報[編集]

  • 開館時間 - 9 - 17時(12 - 3月は10 - 16時)
  • 閉館日 - 年中無休
  • 所在地 - 岡山県高梁市成羽町中野1710

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]