幼虫発育阻害薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

幼虫発育阻害薬(ようちゅうはついくそがいやく、英:insect growth regulator,IGR)とは成虫には影響を与えないが、および幼虫を死滅させる効果を有する薬物の総称。キチン質合成阻害薬、昆虫幼若ホルモン薬などが存在する。哺乳類に対する毒性は弱い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 伊藤勝昭ほか編集 『新獣医薬理学 第二版』 近代出版 2004年 ISBN 4874021018