幻獣辞典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

幻獣辞典』(げんじゅうじてん、EL LIBRO DE LOS SERES IMAGINARIOS)はホルヘ・ルイス・ボルヘスマルガリータ・ゲレロen:Norman Thomas di Giovanni)の共著による文学作品。第1版である『Mannal de zoologia fantástica(幻獣動物案内)』が1957年発表、第2版『El libro de los seres imaginarios』1967年に続き、1969年版が現在知られているものである[1]

辞典の名の通り、古今東西の空想の怪物が集められた書物である。しかし、それぞれの伝説と関連する注釈が網の目のように張り巡らされ、ボルヘス独特の幻想的な読み味を生み出している。基本的に各地の神話が主体であるが、中には「カフカの想像した怪物(『最愛の父』からの引用)」のようなものも含まれている。そしてまた、ボルヘスにはよくあることだが、おそらく彼自身が「それらしく」創作した幻獣も含まれていると思われている。

版ごとに内容が拡充されており、1969年版では120篇の語りからなる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 澁澤龍彦は著書(『幻想博物誌』角川書店 1978年、河出文庫 1983年)で本書の題名を『幻想動物学提要』と訳している(河出文庫版 16、204頁など)。

関連項目[編集]