幻想曲D940

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

幻想曲 ヘ短調(げんそうきょく へたんちょう、: Fantasie f-Moll作品103D940は、フランツ・シューベルトが死去の年、1828年に作曲したピアノ連弾曲。シューベルトの数多い4手ピアノ曲の中でも、とりわけ印象深い晩年の傑作として、多く演奏されている。

概要[編集]

シューベルトは1818年夏、ツェレス(ウィーンの東480km、現在はスロヴァキアのジェリエゾフツェ)に滞在するハンガリーの貴族エステルハージ伯爵一家の音楽教師として雇われ、2人の娘マリーとカロリーネにピアノを教える。更に1824年の5月にもエステルハージ伯爵から招聘され、夏別荘のピアノ教師を務める。この2度の滞在を通じて、シューベルトは妹のカロリーネ(1824年当時18歳)に強い恋心を抱いてしまい、「かなわぬ恋」の思いを込めてこの曲を作り、1828年の発表時にカロリーネに献呈している。

初演[編集]

初演は1828年5月9日、友人のバウエルンフェルトのための私的演奏として行われた。シューベルト自身と、友人の作曲家・指揮者フランツ・ラハナーとの連弾による。

曲の構成[編集]

単一楽章だが、全体は大きく4つの部分で出来ていて、4楽章の曲を通して演奏する、という見方もある。全曲で571小節。演奏時間は約16 - 19分。[1]

  • アレグロ・モルト・モデラート (Allegro molto moderato) ヘ短調 4/4拍子 120小節 (ソナタ形式の提示部に当たり、繰り返しあり)
  • ラルゴ (Largo) 嬰ヘ短調 4/4拍子 43小節 (ソナタ形式の展開部前半に当たる)
  • アレグロ・ヴィヴァーチェ (Allgro vivace) 嬰ヘ短調 3/4拍子 275小節 (ソナタ形式の展開部後半に当たると同時に「スケルツォとトリオ」でもある)
  • テンポ・プリモ(アレグロ・モルト・モデラート) (Tempo I (Allegro molto moderato)) ヘ短調 4/4拍子 133小節 (ソナタ形式の再現部であると同時に、提示部第2主題の変奏曲(主題と14の変奏)にもなっている)

楽譜[編集]

  • ヘンレ社原典版 Fantasie f-moll Op.103/Urtext...Kahl(G. Henle Verlag)
  • シューベルト ピアノ連弾名曲集 (1) 全音ピアノライブラリー

曲の評価[編集]

音楽学者・評論家の前田昭雄は著書『シューベルト』で「今までに書かれたピアノ連弾のためのあらゆる作品のうちで、最も深いものを湛えた傑作」と評価している。(新潮文庫・カラー版 作曲家の生涯 P.157)

主な録音[編集]


管弦楽版
弦楽六重奏版
八重奏版
  • スイス八重奏団(シュヴァイツァー・オクテット)、録音:2012年2月18-20日(19'06")
    パウル・シャーフ Paul Scharf(スイス八重奏団の第2ヴァイオリン奏者)による八重奏(ヴァイオリン2丁とヴィオラ、チェロ、コントラバス、クラリネット、ファゴット、ホルン)への編曲版。

脚注[編集]

  1. ^ 現在、CDやインターネットで聴ける最短の演奏は、ケルン・ピアノ・デュオの 15'56"(録音:1996年4月23-25日 アルテ・ノヴァ 74321 43326 2)が、最長の演奏は、イモージェン・クーパー & ポール・ルイスの 21'03"(録音:2009年6月 YouTube)が、挙げられる。
  2. ^ ハロルド・バウアーが2台ピアノ用に編曲したもので、やや短縮されているため、演奏時間を同列には比較できない。旧・ウエストミンスター盤。
  3. ^ 2台ピアノ版による演奏。
  4. ^ 往年の名デュオのパリ8区、サル・ガヴォーにおける演奏。何故か曲の前半のみが、YouTubeにアップされている。https://www.youtube.com/watch?v=Dp8W7pSTBmw なお、バドゥラ=スコダが2012年11月19日、東京・表参道で開いたリサイタルのアンコールで、客席にいたデームスが飛び入り参加し、この曲の第1楽章を連弾する、というサプライズがあった。
  5. ^ ロンドン、ロイヤル・アルバート・ホールにおける演奏。マーク・ユーは、この当時9歳。CDは無く、YouTubeで視聴出来る。https://www.youtube.com/watch?v=hp41S7s-ifk 
  6. ^ ロンドン、キングス・プレースにおける演奏。CDは無く、YouTubeで視聴出来る。https://www.youtube.com/watch?v=_ajgpW9c9v4 
  7. ^ 原曲のデュオ(4手)を一人用(2手)に、クズネツォフ自身が編曲した演奏。モスクワ・コンセルヴァトワール・小ホール。CDは無く、YouTubeで視聴出来る。https://www.youtube.com/watch?v=0V4ZY4CUl2I 
  8. ^ CDはドイツ・グラモフォン 480 5645(国内盤 UCCG-1623/4) だが、これと別に、アムステルダムでの短縮版によるライヴ演奏が、YouTubeで視聴出来る(11'35")。https://www.youtube.com/watch?v=iilRVyRGH6c 
  9. ^ アルゼンチン、ロサリオ市、テアトロ・エル・シルクロにおける演奏。CDは無く、YouTubeで視聴出来る。https://www.youtube.com/watch?v=NLAYqhxWiGk#t=130 
  10. ^ ベルギー、ブリュッセル、ボーザール・パレスにおける演奏。CDは無く、YouTubeで視聴出来る。https://www.youtube.com/watch?v=UruWMxY2OF4 
  11. ^ ソウル、LGアート・センターにおける演奏。CDは無く、YouTubeで視聴出来る。https://www.youtube.com/watch?v=0umOJhlVRYE 
  12. ^ CDのトラック5、6、7は、順に、6'46"/6'25"/4'55" で、合計18'06" 。CDジャケットやケース裏に21'16" とあるのは誤記と思われる。


備考[編集]

映画『未完成交響楽』では、シューベルトがカロリーネの前で「交響曲ロ短調」をピアノ演奏しようとして完奏を果たせず、未完成の曲の譜面に「わが恋の成らざるが如く、この曲もまた終わらじ」と記して「未完成交響曲」となった、というフィクションを展開し、悲恋の涙を誘ったが、実際は、この『幻想曲ヘ短調』こそがカロリーネへの思慕作である。

外部リンク[編集]