年齢差と性行為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

年齢差と性行為(ねんれいさとせいこうい)は、世界各地に見られる性の文化・現象である。性的関係の年齢相違は、異性愛同性愛の文化そして社会における両方の特徴であった。

歴史[編集]

日本では古くは、幼児婚は一般に行われていた。大正時代には田舎であっても女郎買いにも行けた。夜這いなども一般的に行われていた。近親姦も珍しくなかったことはルイス・リビー赤松啓介も指摘している。

若衆宿の成員は赤松啓介によれば15~25歳程度であり、性の手ほどきはこの若衆宿に入る頃に行われた。その形式はムラによって差があった。播磨の加古川流域では子供が13歳の時に褌を贈られ、性交の実地教育を行うという形式が取られていた。この男性の成人儀式のことは褌祝と呼ばれ、場合によっては母親が息子の相手を務める場合もあったという。共同風呂では陰茎の包皮を剥いてもらい痛いという人もいた。

日本において「セクシュアリティの近代」が設定されたのは明治時代以降である。西欧では性的虐待と見られかねないことがアジア地域では普通に行われていると言われる理由もここにある。

また、赤松啓介が言うことには、当時から法律で禁止されているため闇の話ではあったが、日本では女郎として売られた女性が初体験をより早期に済ますということは一般的であった。半公然ながら、女郎稼業で7つ、8つで売られる人もおり、男性も8、9歳くらいには売られ、男娼とされることも少なくなかった。ただ、実際には月経も来ていない少女を破瓜させるというひどい客がいたり、男の子が強姦されることも珍しくなかった。

また、女中など雇われ従業員の年上の娘が、より年少の男の子に性交を教える場合も多かった。太宰治は、この行為は犯罪ではないかと「人間失格」で述べている。しかし、このような状況は教育勅語的指弾ムード、戦争中の弾圧的な風潮、戦後の禁欲的性教育ムードで弾圧されてきた。そうは言うものの、一部の人間はその状況を守り続けていた。

ミシェル・フーコーの「性の歴史」は西洋ではこの状況が設定されたのはここ三世紀の話であると指摘している。ヨーロッパでは古代ギリシャ少年愛がよく知られており、中東地区でもかつてはイスラーム世界の少年愛現象がみられた。

動機[編集]

女性は、一般に30年代後半に入り産出力を失い始め、そして更年期以降完全にそれを失う。その影響で男性が若く見える人々に引き付けられる可能性があることを示唆する。いくらかの年上の人間は若い人との性行為を求める可能性がある。それは、ファッション、音楽、メディアなどに媒介されている情報から来る可能性がある。年上のパートナーは、若さを求める可能性がある。それらは、若者の性の活力を求める。一方、若いパートナーは、親性を求めている可能性がある。あるいは同胞の相手より多くの生活経験があることに惹かれている場合もある。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]