平面表示記号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

平面表示記号(へいめんひょうじきごう)とは、建築における平面図において、建具開口部形状などを表す記号のこと。

概要[編集]

日本工業規格の『建築製図通則JIS A 0150)』で規定される、原則として尺度1:100,1:200の平面図に用いる『平面表示記号』と、より大きな尺度の図面において使用する、より詳細な形状を示す記号を用いる『平面表示記号』がある[1]。具体的な記号の例は[2][3]を参照されたい。

上記のように建具形式などは『平面表記記号』で示されるが、部材の切り口を表示するためには同じく『建築製図通則(JIS A 0150)』で規定される『材料構造表示記号』を使用する[4]。また、その材料種別・開閉方法等を詳細に表示するときは『建具表示記号JIS A 0151)』を使用する。これら複合的に使用される記号については後述の記号も参照。

歴史[編集]

『建築製図通則(JIS A 0150)』は、社団法人 日本建築学会の原案により1958年5月31日に制定されたものであり、幾度か改定されている[5]

その他関連記号[編集]

建築に関する記号は、他には以下に例示するような記号が規定されている。これらを組み合わせることによって図面を作成する。

  • 溶接記号(JIS Z 3021)
  • 電気設備の図記号(JIS C 0303)
  • 給排水衛星・ガス設備の図記号(JIS B 0011-1〜3)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 建具の実際の形や開閉方式などの特徴を図記号化し表現する。慣用的な表現があり、作成者しか理解できない記号は好ましくない。
  2. ^ 平面表示記号 (PDF)”. 国土交通省中部地方整備局. 2013年1月27日閲覧。 “平面表示記号” 材料構造表示記号もあり
  3. ^ JIS規格詳細画面 (PDF)”. 日本工業標準調査会データベース. 2013年1月27日閲覧。 “建築製図通則”
  4. ^ これについては縮尺の制限は厳密ではない。『別の縮尺でも用いてもよい』と表現されている。建築設計製図 p.32
  5. ^ 日本工業標準調査会 "JIS A 0150"の検索結果ページ、下部の表より

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『建築設計製図』 実教出版、平成18年。2013年2月9日閲覧。

参考サイト[編集]

  • 日本工業標準調査会”. 日本工業標準調査会. 2013年1月27日閲覧。 “JIS検索” 経済産業省に設置されている審議会。JIS検索というリンクから検索できる。