平林寺 (宝塚市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平林寺
Heirinji.jpg
本堂
所在地 兵庫県宝塚市社町4-7
位置 北緯34度47分41.86秒
東経135度21分3.17秒
山号 武庫山
宗派 真言宗単立
本尊 釈迦如来
創建年 伝・飛鳥時代
開基 伝・聖徳太子用明天皇(勅願)
札所等 摂津国三十三箇所観音2番
摂津国八十八箇所73番
文化財 釈迦如来坐像・石造露盤(市文化財)
テンプレートを表示

平林寺(へいりんじ)は兵庫県宝塚市にある真言宗単立の寺院。山号は武庫山(むこざん)。武庫七寺の1つ。本尊釈迦如来。 塔頭は東寺真言宗成就院、高野山真言宗西光院、真言宗大覚寺派成福院、真言宗大覚寺派宝寿院。

歴史[編集]

寺伝によれば、飛鳥時代用明天皇の命で聖徳太子が創建し、平安時代如一尼が再興したという。

天正6年(1578年荒木村重の反乱に巻き込まれて焼失し、江戸時代に再興された。

文化財[編集]

札所[編集]

近隣情報[編集]

所在地[編集]

〒665-0071 兵庫県宝塚市社町4-7

交通アクセス[編集]