平成21年台風第17号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台風第17号(Parma、パーマァ)
カテゴリー4の スーパー・タイフーンSSHS
台風第17号(10月9日)
台風第17号(10月9日)
発生期間 2009年9月29日 15:00
10月10日 9:00、
2009年10月11日 9:00
10月14日 9:00
寿命 13日18時間
最低気圧 930hPa
最大風速
(日気象庁解析)
50m/s
最大風速
米海軍解析)
135kt
被害総額
死傷者数
被害地域 フィリピン華南ベトナム
プロジェクト:気象と気候プロジェクト:災害
テンプレートを表示

平成21年台風第17号(へいせい21ねんたいふうだい17ごう、アジア名:パーマァ〔Parma、命名国:マカオ、意味:マカオ料理の名前〕)は、フィリピン付近で長期間複雑な動きをして同地域に大きな被害をだした台風

経過[編集]

解説[編集]

進路
2009年10月6日における台風17号(左)と台風18号(右)を撮影したNASAによる衛星写真

2009年9月29日にカロリン諸島で発生。しばらく西南西に進んだ後、北東に向きを変えて急速に発達。10月1日9時に10月1日の東方において最低気圧930ヘクトパスカル(hPa)・最大風速50メートルを記録して全盛期を迎える。その後、少し勢力を落とし、10月3日15時に中心気圧950hPa・最大風速40メートル・最大瞬間風速60メートルでフィリピンのルソン島北部のガガヤン州に上陸した。

10月4日21時にルソン島を抜けてバシー海峡を北上したが、東方の台風18号との間で藤原効果が発生して停滞[1]、南下して10月6日9時に中心気圧975hPa・最大風速30メートル・最大瞬間風速45メートルで離陸地点付近に再上陸。

そのまま引き返して10月7日9時にフィリピンの東海上に抜けて停滞。10月8日になるとゆっくり西方へと進路をとり、10月9日9時に中心気圧996hPa・最大風速23メートル・最大瞬間風速35メートルで離陸地点付近に再上陸。10月10日9時に南シナ海に抜け、熱帯低気圧に変わる。

その後、熱帯低気圧は西よりに進んで10月11日9時に再び台風となる。10月12日3時に中華人民共和国の海南島に中心気圧996hPa・最大風速20メートル・最大瞬間風速30メートルで上陸。10月13日にトンキン湾に抜けた。

10月14日9時、トンキン湾で熱帯低気圧に変わる。

被害[編集]

フィリピンで死傷者438名[2]

その他[編集]

この台風のアジア名Parmaは、この台風限りで使用中止となり、次順からはIn-faというアジア名が使用されることになった。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]