平成19年台風第8号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台風第8号(Sepat、セーパット)
カテゴリー5の スーパー・タイフーンSSHS
猛烈な強さの台風第8号(8月16日)
猛烈な強さの台風第8号(8月16日)
発生期間 2007年8月13日 3時
- 2007年8月20日 9時
寿命 7.2日
最低気圧 910hPa
最大風速
(日気象庁解析)
55m/s(110kt)
最大風速
米海軍解析)
140kt
被害総額
死傷者数 死者43名以上
被害地域 フィリピン台湾、華南
プロジェクト:気象と気候プロジェクト:災害
テンプレートを表示

平成19年台風第8号(へいせい19ねんたいふうだい8ごう、アジア名:セーパット〔Sepat、命名国:マレーシア、意味:淡水魚〕)は、2007年8月に発生し、フィリピン台湾・華南に影響を与えた台風である。この年初めての「猛烈な」強さの台風となった。

概要[編集]

  • 8月13日、フィリピンの東で発生。
  • 8月16日、猛烈な強さの台風に(JTWCは、カテゴリー5相当のSuperTYphoonに分類した)。
  • 8月18日、6時ごろに台湾に上陸。
  • 8月19日、6時ごろに華南に再上陸。
  • 8月20日、華南で熱帯低気圧に。

被害・影響[編集]

解説[編集]

この台風は発生した当初から、雲のバランスがよく大きさもほどほどで、発達に適した条件を持っていた。また、フィリピン東方海域は台風が発達しやすい場所であるため、この台風も徐々に発達し、猛烈な強さになるに至った。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]