平川唯一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

平川 唯一(ひらかわ ただいち、1902年2月13日 - 1993年8月25日)は、日本放送協会(NHK)のアナウンサー、ラジオの英語会話講座講師。通称カムカムおじさん(Uncle Come Come)岡山県出身。

放送中の平川唯一。1947年頃撮影。

経歴・人物[編集]

平川唯一は1902年、岡山県の山村(現高梁市)の農家の次男に生まれた。 1916年、津川尋常小学校高等科2年を修了し、農作業の手伝いをしていたが、1918年、16歳のときABCも知らないで、数年前からアメリカに出稼ぎに行っていた父を追って兄と渡米し、ポートランドで半年ほど線路工夫などに従事し、その後シアトルに移って日本人商店の店員として半年間勤務する。1919年、17歳のとき[1]、英語を勉強するため高級住宅街の米人家庭にスクールボーイ(書生)として住み込み、スーウェド小学校に入学、ここを飛び級で進級して3年で卒業、ブロードウェイ・ハイスクール(現シアトル・セントラル・カレッジ英語版)を4年で終えてワシントン大学 (ワシントン州)に入学し、専攻を物理学から演劇に転じて、1931年、演劇科を首席で卒業して文学士となった。平川はこのような12年余の苦学生活について、子供時代に農家で苦労した身には、昼間は学校に行かせてもらい、帰ってから部屋の掃除をし、夜は夕食の片付けを済ませたら自由に勉強ができる生活は、「苦学というより楽学でした」と語っている[2]

 大学卒業後はロサンジェルスのセントメリーズ・チャーチ(聖公会St. Mary’s Episcopal Church)の副牧師になって日米文化の伝達に努め、この教会で出逢った東京神田出身の滝田よねと1935年に結婚した。この頃、俳優としてJoe Hirakawaの名で『マダム・バタフライ』[3]、『ダイヤモンド島の謎』[4]ハリウッド映画やパサディナ小劇場(Pasadena Community Playhouse)にも出演。翌1936年帰国。NHKの英語放送アナウンサーに応募し、国際放送のチーフアナウンサーとして終戦後の9月末に退職するまで8年間勤務した。太平洋戦争時には、米州部放送班長としてアメリカ兵に対する厭戦工作に携わった。また、終戦時には放送された玉音放送(終戦の詔勅)を英訳し、国外に向けて 国際放送でこれを朗読した[5]

 1946年2月から5年間、平川はNHK第一放送で午後6時から15分間の英語会話講座を担当した。この番組に平川は戦災復興期の日本を明るくしようという願いを込めて取り組んだ。童謡「証城寺の狸囃子」の曲に載せて番組のテーマ曲“Come, Come, Everybody”を作詞し、このテーマ曲は国民的愛唱歌になった。平川は平均的な日本人家族の日常会話を題材とした。演劇人平川が連日深夜までかかって準備した毎週の寸劇は、当時の日本人の心情を伝える「家族の情景」になっていて、平川はこれを「英語遊び」として教えた。通常、語学講座は大学教員が兼務で担当するが、平川にとってはこの放送が本業で、毎朝7時半に自宅を出て放送局で藁半紙(レポート用紙)6枚にその日の放送原稿[6]を書いてリハーサルを重ね、無駄のない、滋味あふれる独特の語り口で語りかけた。生来謙虚で、口数の少ない平川がカムカムおじさん(Uncle Come Come)として全国的人気を博すには、そのような努力が秘められていた。カムカムおじさんの毎日の語りかけは、録音機器も不備な時代だったので、当時の平常番組の録音はNHKには保存されておらず、15分間の講座を再び当時のままの音で聞くことはできない。聴取者とのコミュニケーションを重んじた平川に届けられたファンレターは総計50万通に及び、日本の英語ブームの元祖火付け役となり、平川はダグラス・マッカーサー吉田茂と並んで戦後日本の三大有名人と言われた。

1981年4月『みんなのカムカム英語』出版記念パーティーにて(中央)

 NHKの「英語会話」講師退任後、平川は俳優として日米合作映画『運命』[7]にも出演しているが、ラジオ東京(現TBSラジオ)及びニッポン放送で5年間、英語会話講座を続け、その後は世田谷の自宅でカムカムクラブを開いておしゃべり英語の普及に努めた[8]。その後、1957年末に太平洋テレビに迎えられ、翻訳部長を経て副社長となり[9]、1976年には春の叙勲で勲五等双光旭日章を受章した。79歳のとき、ラジオテキストから20話を選び、英文の読みをフリガナで示すことに一層の工夫を加えた『みんなのカムカム英語』(1981)を、新たに吹き込んだテープ付きで出版して健在ぶりを示し[10]、5年後には全54冊のラジオテキストを収めた復刻版(1986)を出版して、ライフワークを後世に残した。1992年には大学英語教育学会(JACET)(小池生夫会長)から特別功労賞を贈られ、翌年、91歳で死去した。

 平川は港区麻布の東京ローンテニスクラブ会員で、1952年英国製小型車モーリス・マイナー英語版を運転してテニスに行くのが趣味であった。シート張り替えから塗装まで自ら手がけ、85歳まで35年間乗ったこの車は、没後、河口湖自動車博物館の収蔵品になっている。

 平川は英語教育には素人ながら、音声学と演劇の訓練とアナウンサーとしての経験を活かして英語の普及に抜群の功績を上げた。しかしその教え方は、英語教育界で十分に評価されてはいない。平川が自分の体験から考え出した教え方は、日本人家族の日常会話を題材とした「赤ちゃん口まね方式」である。人間はまず家族のことばを聴いて話せるようになるのだから、単語の発音やスペリングより前に、家族の英語をしゃべれるようになるべきだと考え、「英文を楽しく口まねすればだれでも英語が話せるようになるんですよ」が平川の口ぐせであった。これは「まずは話せるようになろう」という音声方式であり、母語方式である。文字から入る文法方式の学校英語とは異なる。平川は、生きた英会話の読みを日本語のカタカナで表す音標文字の考案者としても記憶される。即ち、ラジオテキストは最初から読みガナ付きであり、30数年後には「会話発音用の音標文字を新たに考案」[11]した。平川の信頼を得てカムカム英語の復活に協力した福田昇八熊本大学教授)は、平川の著書の解説で[12]、平川英語を「家族英語」と位置づけて評価し、教本を編集して普及を図り[13]、月刊誌の平川追悼文に「日本の英語教育を改善するには、学校英語を口まね方式に転換する必要がある」と書いている[14]。平川の訃報に接し、ソニー会長の盛田昭夫は遺族に「今や世界の経済大国となった日本の浮上の原動力となったのがカムカム英語だと信じています」[15]という言葉を寄せている。

翻訳[編集]

  • バートン・クレーン『この地獄も愛すればこそ』メトロ出版社 1948

著書[編集]

  • English in Action(生きた英会話)Vol. 1. by Joe T. Hirakawa カムカムセンター 1958 (英語会話テキストから40週分を選んだ私家本)
  • 『みんなのカムカム英語』 毎日新聞社 1981 (英語会話テキスト20週分 + 福田昇八編「応用篇」と「カムカム英語の特色」。カセットテープ60分2巻に本文を平川の声で収録)
  • 平川唯一講師『カムカム英語 NHKラジオテキスト英語会話復刻版』(別冊1・複製テキスト2・カセットテープ1付)[16] 名著普及会 1986 

脚注[編集]

  1. ^ NHK編『わたしの自叙伝(1)』(NHKサービスセンター 1979)で平川は、「19歳」と述べているが(174)、これは平川洌『カムカムエヴリバディ:平川唯一と「カムカム英語」の時代』(NHK出版 1995)の記述(220)が正しい。平川は小学校3年、ハイスクール4年、大学5年、計12年の滞米学生時代を過ごした。
  2. ^ 前掲書、平川洌『カムカムエヴリバディ』 183
  3. ^ 原題はMadame Butterfly マリオン・ゲリング監督 1932年。IMDb参照。
  4. ^ 『カムカムエヴリバディ』 207。原題はRip Roaring Riley エルマー・クリフトン監督 1935年。IMDb参照。
  5. ^ 平川は詔勅の英訳に際して、原文(漢文訓読体)の雰囲気を損ねないように古典的で厳粛且つ格調の高い文語体を用い、朗読に際しても英訳と同様、威厳をもって臨んだ(TBS「報道特集」より)。なお、詔勅の文言のうち「戰局必スシモ好轉セス世界ノ大勢亦我ニ利アラス」の英訳はEmperor Hirohitoの言葉として ‘The war situation has developed not necessarily to Japan’s advantage.’とThe Oxford Dictionary of Quotations (1999)に記載されている。
  6. ^ この放送原稿を利用した次男、平川洌による上掲書『カムカムエヴリバディ』は平川関連最良の書。なお、両親の最期まで身近にいたこの著者は、商事会社を営むかたわら、クラレンス・ヒラカワの名でウクレレ奏者としても活躍している。
  7. ^ レイ・スタール監督 1951年東宝 配給。平川は牧田という人物の役。映画情報Weblio辞書参照。
  8. ^ 『カムカムエヴリバディ』 145-154
  9. ^ 『カムカムエヴリバディ』 216-217
  10. ^ 出版 記念会には歌手の小鳩くるみペギー葉山、アナウンサーの坂井広ら多数出席し、武田守正、東後勝明田崎清忠、J.B. ハリス、国弘正雄らが祝辞を述べた。
  11. ^ 『みんなのカムカム英語』 8
  12. ^ 『みんなのカムカム英語』 182-194、『カムカム英語復刻版別冊』(名著普及会 1986) 24-40
  13. ^ 福田昇八編/トム・リード校閲『平川唯一のファミリー・イングリッシュ』 南雲堂 1997
  14. ^ 『英語教育』 大修館書店 1993年11月号 73
  15. ^ 『カムカムエヴリバディ』 228
  16. ^ 『復刻版別冊』内容の詳細:巻頭グラビア頁「平川唯一先生略歴」+ 平川唯一「私の生い立ち」、「楽しい英語はだれでも話せる」、「生きたお話英語の発音」+ テキスト見本“Evening Glow”(ゆうやけ)+ 福田昇八「カムカム放送の意義」が掲載されている。複製テキストは昭和21年2月号と23年11月号のものである。カセットテープA面は、NHKに保存されている回(昭和23年12月10日と24年2月18日)の放送分(どちらも外国人出演の特別番組)。B面は、新たに録音された本文5週分。

参考[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]